いっしょに食べよう

京都と中国山東省の田舎町暮らしをちょこっと載せています。

東平の町再開発

2016年11月05日 | 山東省 東平暮らし


   昨日お天気が良かったので散歩にと買い物に出ました。
   途中に

     

   東平ではありえない外車3台(カッコよく見えんけど)
   それもレッドカーペット、いったい何事なのでしょう。

      

   何やら展示会のような、壁には

      

   マンションの宣伝なのか、まさか別荘ってことはないよね。

   わたしたちがここに来た5年前、町は再開発の始まりでした。
   町中心の長距離バス乗り場を町の外れに移動、
   政府の建物もその近くに移動、
   その周りにはマンションが建ち始めた。

   そのほとんどは何年経っても完成しないし、
   それもそのはず、経営者は夜逃げ。
   そんなほったらかしマンションが町いっぱいにあります。
   マンションの近くには商業施設の作りかけ。

   わたしたちが住む団地の周りも
   途中で止まった建築物のすぐ近くに新たなマンション計画。

     あんたたち、何考えてるんだ。

   工場の総班長が買ったマンションはもう2年工事中断で
   お金なんて戻ってこないのです。

   ゴーストタウンのようなマンションの近くには
   公共事業らしき工事が始まっていて
   日本だったらこんな税金の無駄遣いは大問題のはず。

   時々人民の怒りの声とかニュースで見るけれど
   ここの人たちは考えたり怒ったりそれさえもあきらめているような。

   今朝は朝市で

      

   春菊いっぱい買いました。
   あんなにたくさん出店があるのに春菊を売るのはひとりだけ。
   値段は安いけれど茎の部分が長くて重さの半分は捨てます   


『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの頃のこと | トップ | 味付けのお助け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山東省 東平暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL