いっしょに食べよう

12年半の中国生活を終えて夫たっちゃんは広島転勤。これからは広島と京都暮らしです。

化粧

2017年03月13日 | 山東省 東平暮らし


   わたしの若いころの話なのでとんでもなく昔、
   あのバブルの少し前、短大生でした。
   今どき短大なんて言葉もないくらいだけれど
   当時はまだ女子は短大でも許された。

   田舎の学校だったし学生たちも地味な方でした。
   わたしは学校に通うだけでおしゃれもしないダサかったけれど   
   一部の女子はバイトしたお金でそれなりにきれいにしていた。

   短大だったので2年には就職準備なんだけれど
   ちゃんとパンプスを穿いてお化粧をしている友達は

    なんてオバサンみたいだ、、、と思ったよ。

   大阪中之島の会社に就職してからも
   しばらくは化粧なんてしてなくて相変わらずイモ娘
   先輩から 「お化粧しなさーい」

   今は高校生だって化粧は普通なんだって?
   大学一年の姪っ子は早くもばっちり化粧でバイトに行く。
   
    もったいないなぁ

   今はボロボロのオバサンですが就職したての頃は  
   先輩に「いいわね、若くて茹で卵むきたてのツルツル肌」
   と言われたんだけどね。
   その卵肌でいられるのはほんのわずかな間なのになぁ、
   すぐに嫌でも化粧しないとあかんようになるのになぁ。。。

   そんなこと言うと「時代がちがう」と怒られるよね。
   オバサンは中国の田舎暮らしで増々ヨレヨレです。
   たまに妹に

    白髪をちゃんと染めて
    お化粧くらいしてよ

   と注意されております。

   東平ではボロボロのスニーカーを履いているのですが
   たっちゃんに

     りつこ、東平をなめてるやろ

   はい、京都に帰ったらもうちょっとマシですよー

   山東では今バブルの頃みたいな太い眉が流行っているみたい。
   冗談か?と見間違うような子がいるよ。

   
   昨日工場へ行く途中の村に

       

   こんな建物がありました。

   4トラベルに載せました。
『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休日はたいくつ | トップ | 塩味が一番 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山東省 東平暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL