聖書を通して人生・世の中を見る

世界のベストセラーである聖書を通して、人生における発見や気づきなどあらゆる角度から発信します

自分がしたことの報いは、必ず自分自身に降りかかる ~第2列王記17章からの考察~

2017年07月13日 | 人間について

この3か月間、列王記を読み続けているが、この17章では、ユダ族と分断され、10部族で構成されているイスラエル国がついにアッシリアの侵略を受け、民がバラバラになってしまうことが書かれている。こうなってしまったのも、そもそもイスラエル人が神と共に歩まず、他国の偶像礼拝を取り入れ、自分勝手な道に歩んでしまった罪の結果によるが、しかし、それでも神は預言者を通してイスラエル人に常に警告してきた。にも関わらず、本来自分を守ってくれる、幸せにしてくれるはずの神から離れてしまい、すっかり異国の習慣に染まってしまったのだ。

しかし、ここで面白いと感じたのは、アッシリアの民がイスラエルのサマリヤに定住した時、神はライオンを送り、そこに住んでいる住民の幾人かを殺害したのだ。この出来事が神によるものだったと分かったのは、本来、神を最もよく知っているはずだったイスラエル人ではなく、皮肉にも侵略してきたアッシリアだったのだ。つまり、イスラエル人の信仰は、このような事さえも分からない程、堕落してしまい、異国の民であるアッシリアの人達の方が良く理解していたことになる。

けれども、この様な現象は今の時代でも多く見られる。本来、主を心から信じ従い、主の栄光を現わさなくてはいけない立場のはずのクリスチャンが、それにふさわしい生き方をせず、むしろノンクリスチャンの方がそれにふさわしい生き方をしている人達を見ることが多い。クリスチャンとノンクリスチャンの違いは、単に、神を知っているか、知らないかだけである。それ以外は私達人間は全て同じ罪人で、全く同じ人間なのである。

よく、クリスチャンには、自分が神から選ばれたという「選民意識」があると聞くが、自分がこんなに立派な人物だから神が選んでくれた、と勘違いし、ノンクリスチャン、もしくはクリスチャンにふさわしい生き方をしていないクリスチャンを見下す人がいる。しかし、聖書では、「義人はいない。一人もいない。(ローマ人の手紙3章10節)」と言っているとおり、クリスチャンであれ、ノンクリスチャンであれ、正しい人はこの世に誰一人いないのである。

それでは何故、クリスチャンでさえも神に従って生きることが難しいのか?それは、同じローマ人の手紙3章10節に書いてある通り、もともと私達人間は、「悟りのある人はいない。神を求める人はいない。」からである。私達の人間の大きな特質として、もともと神を求める性質がないからなのである。

本来、キリスト教の信仰というのは、主である神を信じるだけ、という非常にシンプルなものなのだが、私達人間はありとあらゆる理由をつけて、自分達の生活や生き方を問題の多い、複雑なものにしている。例えば、聖書では、「親を敬いなさい」「妻は夫を敬いなさい」という言葉があるが、「こんな自分になったのは親のせいだ」とか、「結婚生活が不幸なのは、夫のせいだ、私は悪くない」という、ありとあらゆる理由・理屈をつけて、この神様の言葉に従えないでいる人達が多くいる。

旧約聖書では、神に逆らってばかりいるイスラエル人に対して、神様は「うなじのこわい民だ」と言っている個所が多く出てくるが、まさに私達人間は全て、「うなじのこわい民」で、神様から見たらどうしようもない人間なのである。

このイスラエル国への侵略の話からも分かるように、自分がしたことの行いは、かならず自分自身の身に降りかかってくる。しかし、この第2列王記17章39章に、

「あなたがたの神、主だけを恐れなければならない。(そうすれば)主は全ての敵からあなたがたを救い出される。」(カッコ内は筆者追記)

と、書かれているように、全て私達の人生を複雑にしているもの、誘惑、上司・友人・配偶者の悪口、怠惰、プライド、妬み、怒り、嫉妬、など、様々な”敵”がいるが、神様を常に追い求め、聖書を読んでその言葉を忠実に実行するなら、それらの敵から神様が私達を救い出して下さるということなのである。

神に従っていくのが難しいと感じるのは、私も同じだが、そういう時は、喜んで従えるように日々お祈りをする、もしくは周りの人達に頼んで祈ってもらうようにするのが一番良いのではないかと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍総理の「こんな人たち」... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL