ビンチの詩集

老人と地元をこよなく愛する者のつぶやき

楽しき人生を

2017年05月17日 | 人生
 叔父は、必ずと言っていいほど
 父か母か兄の月命日に花を持って来る!
 本人は、まったく意識してないが必ず毎月
 三人の誰かの月命日にぶつかる。もう8年間そうだ! 
 きっと誰かがそうさせてるのかなぁ~。

 先日の母の日に我が家でちょっとした宴をしました。
 縁を結び直す集まり、良い事をしたというような感じかなぁ〜f^^
 行かず後家の姐さんたちと私、そして、
 先日創業110年の銭湯を廃業した店主。
 黒一点、アマゾネス会に来ないだろうとダメ元で誘ったところ、
 喜んで参加してくれました。こちらもみんなうれしかったし、
 なぜかホッとした。ホッとした理由はあえて書きませんが…f^^
 そして、来月店主が板橋を引越す前にもう一度、
 我が家で宴をする事に決まっていました(私の知らぬ所で…)!!!
 ワタクシは、しょっちゅう宴が多すぎてバタンキュウのこの頃ですf^^
 で、今日はこんな一言です。

 

 窮地に立たされた時 一番の想い出が 最大の力になる
 想い出に負けない思い出をつくれるのは 人間だけです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストーリー | トップ | 思想 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。