Hysteric Mammy な日々

精神はハイテンション!
食べる物もハイカロリーですが何か?

やっと!

2015年04月04日 | チクチク



やっと出来上がりました!

これ、なんだか解ります?






もっと解り辛いか。。。







全体図。

って、始めからこれ出せって話ですよね?
すみません。
根っからのへそ曲がりで。。。



で、これってベッドカバーじゃないんです。

言わば、『安らかな旅立ちの友』とでも言うのでしょうか。。
ま、勝手にそう名付けましたが。

実は私が死んだときにお棺の中でかけてもらう布団です。


数年前に母が亡くなった時、お棺の中で真っ白なツルツルの
布団の中に横たわっているのを見て、とても可哀想だと思ったのです。
あんなに洋裁が好きで、いろんな布を沢山持っていた母なのに、
天国に行く時は(多分天国に行ったと思いますが行先は聞いていません。。)
味気ない白い布団。。。
母の時は準備できなかったのでそのまま見送りましたけど、せめて
自分の時は大好きな布で布団やらお棺にかける布を作ってかけて
貰おうと。

そんな理由で作り出したものです。

友人にパッチワークの先生が居るのですが、私はパッチワークは習った
事も無く、仕組みも方法も解っていません。
だから私のはツギハギの布です。
しかも1ピースがデカい!
なんたって楽ですから!
まずは練習用に作ってみました。

私は3人兄弟(兄・姉の場合これで良いのでしょうか?)の末っ子。
ただただ可愛がられて育ちました。
お気づきかと思いますが嘘です。。
いつもお下がりの服、しかも姉だけじゃ無く母の友人のお嬢さんの
お下がりまで!
なので新しい物に慣れていません。
勿体なくて買った洋服は常にしまってあります。
そんな貧乏性の性格なので、大好きな布は鋏を入れられないのです。

自分が死ぬ時はこの布に囲まれて・・・

と思っている大好きなリネンは今回使っていません。
だからもう一度作り直します。
今度こそ一番好きな布ばかり集めて。

って言いながらまた違う布で縫ってたりして。。。
死ぬまでに何枚布団が出来るやら。。。。。
お棺狭くて布団が入りきらないかも!

お棺Wにしてくださーい!!!



ふざけているように見えますが、もうそろそろ自分の最後も考えながら
暮らしてもイイかと。
自分らしく死ぬことも大事な最期のお仕事かもしれません。
迷惑をかけないようにするつもりですが、自分の意志とは関係なく
迷惑をかける場合は勘弁して貰って。。。へへっ
かける気満々っす!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加