クレイブログ

そう、もし誰かがいなくなっても。
皆、いないなりに生きていく。
オンラインの絆も同じ。
・・・ただ、寂しいだけ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オヤジギャグじゃないんだが。

2013-12-15 19:01:58 | Weblog
これは私が東京に行って、やきとん屋で飲んでいたときの話。
とりあえず飲んで食った後、店員を呼んで注文しようとしたときのこと。

私 「すいません、ウーロン茶一つ」
店員「ウーロン、はい」
私 「いや、ウーロンハイじゃないよ、ウーロン茶だよ」
店員「ええ、はいというのは返事です。ウーロン茶ですね」

という謎のやりとりが・・・・聞き間違いというか、別にダジャレやってるわけじゃないんだけどね。

それにしても東京行くと疲れるね・・・・革靴に慣れていないことと、電車移動が基本なので
歩く距離が長いので足が痛くなってくる。私もトシかなぁ・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑らしい。

2013-07-12 23:34:05 | Weblog
今年も猛暑ということで、毎年暑い暑い言ってると思ったら4年連続の猛暑だとか。
10年くらい前かな、梅雨明けしないまま秋になるという冷夏があったけど、ほんと気候って読めない。

さて、私の住む場所の、今日(2013年7月12日)の最高気温が21度。
ニュースだと連日のように猛暑だと報道しており、熱中症で毎日のように病院に運ばれている人もいるのに。
暑さを運んでくる太平洋高気圧と、冷たい空気のオホーツク海高気圧の境界に梅雨前線ができているため、気温が低いとか。
そのうち、このオホーツク海高気圧が太平洋高気圧の勢力に押されてくると、私のいる地域も暑くなるんだろうなぁ・・・はぁ、今から憂鬱・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投影による推測

2013-07-11 01:05:43 | Weblog
投影というと、何となく厨二病的なイメージがなくもないのだが、まぁ別に自分の体が剣で出来てなくても投影というのは普通にしてるわけで。
つまり、他人のことを推測するとき、ややもすれば相手と同じ状況に置かれたと仮定して、「自分ならどうするか」と、自分のことに置き換えて相手の心理を推測せざるを得ないという。

ところが、世の中にはそれすらも出来ない、自分の都合でしか考えられない人も中にはいる。

先日のことだ。

私は、はみ出し禁止の、狭いが中央に橙色の線が引かれている市道で、自家用車を運転していた。
その時、私の車線では大きめのバスが、Pウィンカーをつけて駐車していた。
当然、そのままでは先に進めないため、追い越すことになるのだが、対向車が来るため、バスの手前で停止していた。
そして少し待っていると、1台の車が、私の車の後ろに停車した。まぁ、そこまではいいのだが。
この後ろの車、私が先に進まないのが相当不満らしく、パッシング連打、クラクション鳴らしまくりでかなり煽ってくる。
しかし、バスは動かないし、対向車はやってくるし、いくら煽られたところで、動けないものは動けない。
そうしたら何を思ったのか、この煽りまくる後ろの車、停止してる私の車を追い抜こうと右車線に出ようとする。
が、車体半分くらい右車線に出たあたりで、対向車が来ていることに気づき、動きを止める。
対向車も突然出ようとしてきた車に驚くも、急ブレーキを踏んで事なきを得る。

その後、後ろの車は引っ込んで対向車は先へ進み、私も対向車が途切れたのを見計らって右車線から駐車するバスを追い越して先へ進み、煽った車もその後ろに続く。

もう、私が何を言いたいのかはわかると思うが、書かせてもらおう。

世の中には、私がバスを追い越さずに止まっている理由として、対向車が来てるから行けないということを、推測できない人間も自動車を運転しているということ。

いやぁ、交通事故が無くならないわけだよね・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンクエスト~魔神封印の伝説~/SFC

2013-06-23 19:29:22 | ゲーム回想録
今はなきテクノスジャパン(代表作:くにお君シリーズ?)から出た
アクションRPG。実はこの会社、くにお君以外にも、「すごろクエスト/FC」のように、
コミカルなゲームを得意としている。

さて、このソフトは確か10年以上前に、中古で2000円位で買った気がする。
このゲーム、何故買ったのかというと、
「どんなゲームなのか全く想像がつかなかったから」
という、意味不明な理由。



いや、タイトルを見てもケースの箱を見ても、全く内容が掴めないという・・・・。
値段が安かったから、地雷でもいいやって気持ちで買えたが、これを新品の値段でどうかって
言われたら、多分気後れする。今になって中身を思うと、新品で買ってもいいと思える作品な
んだが、もう少し買い手に訴える箱にしてもいいような。

当時は、すでにゲーム雑誌とかはほとんど見なくなっていたため、店頭でしか判断しないって
こともあったかな。

舞台は大きい島の中に、街が1つと、街の中にお城が1つ、それから街の外に探索する
ダンジョンが4つ。これだけ。
少ないと言えば少ないが、この4つのダンジョンは結構深いので(全部32Fまで)、
意外とボリュームがある。ちなみに、迷宮は固定。自動生成ではない。



まずは出だし。
主人公は町の長屋に住む、姉と2人暮らしの青年。あまり裕福ではない。
お城で冒険者募集のお触れがあり、一攫千金を狙ってそれに応募するが・・・。



シナリオは、ひたすらお使いイベントをこなすことにより進んでいく。
何とかの迷宮の何階のモンスターを倒せとか、宝物を取ってこいとか、人に会ってきて
くれとか、まぁそんな感じで何往復もすることに。
そのうち、どんどん依頼されるイベントフロアが奥深くなってきて、という仕組み。



このゲーム、経験値というものはそれぞれモンスターごとに設定され、そのモンスター
に対して優位になるだけであり、別な種類のモンスターに対しては全く役に立たない。

また、武器・防具には熟練度というものがあり、使いこなしていくと、性能を完全に
引き出すことができる。
武器はまぁ、殴ってれば勝手に熟練度100%になるんだが、問題は防具。アクション
なので、回避するのが基本のだが、回避すると熟練度が上がらない。
なので、弱い相手にあえてボコボコにされて上げるのが基本。ただ、ダメージ0に
なるともう上がらないため、それなりにダメージを与える敵を選ばないといけない。
余談だが、迷宮で拾う武器の中には熟練度が101%以上のものがある。
これは品質がいいってことかな。

レベルアップはシナリオを進めていくごとに、王様から称号をもらって、剣術指南役に
実力を見てもらうことにより上がる。

アクションRPGだが、アクションはさほど難しくなく、敵の攻撃はほとんど回避
できるので、難易度は低め。ただし、狭い通路で挟みうちにされると簡単にKOされるので注意。
あと、意外と迷宮が広く、ワープゾーンが随所にあり迷いやすいので、MAPの記憶力が試される。

と、ここまで書くと、正直あまり面白くなさそうな印象を受ける。

しかし、このゲームの最大のポイントは、いたるところに作られたムダとも言えるテキスト。
窓を調べれば、場所ごとに違うメッセージが出たり。



長屋の隣に引っ越してきた女性の布団に入りこんで、HP1にされたり。
なにやら王女様の部屋のタンスを調べると下着が見つかったり。
つぼを調べると、広東語レベル1になったり。



本棚を見れば、様々な種類の本が並んでたり。
何故か「ウガンダ・やまんば・リメンバー」と語呂がいいけど意味のない言葉が羅列されていたり。




また、シナリオをすすめるごとに、街の掲示板「マルキーズ通信」のメッセージが変化したり。

とにかく、ものすごく細かいところまでテキストが隠れていて、それこそがこのゲームの最大の
長所と言えると思う。

例えば10個の町があって、同じことしか言わない人が10人ずつ(延べ100人)いるより、
1つの町に10人いて、10回違うことを言うのと、容量は同じでも意味は全く違う。
私としては、こちらの状況や進行具合に応じて、会話が変化してくれたほうが、よりNPCに性格
付けができている感じを受ける。
無論、全体的なストーリーの大きさも絡む話なので、どちらが正しいかは作品によるとしか言えない
わけなんだが・・・・あくまでも私の好みとしては後者ということで。

まとめると、これは私の好みに非常に合っている名作と言えるだろう。
その気になれば、イベントを進めずに迷宮の最下層を探索もできるし、迷宮奥深くの赤い宝箱からレア
装備だって手に入れられる自由度もいい。
この町の人が生きているような世界観は、ジャンルは多少違うものの、往年の名作「ミネルバトンサーガ」
を思い出させる。

あまり話題にならずに消えていったことが残念でならない・・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青年の主張?「私とサブリガ」

2013-06-19 22:49:06 | FFXI関連
ここは私のチラシの裏なんだよ。後で自分が読み返すための日記帳なんだよ。
ということで今更FFXI話。

私のキャラのグラはひげのヒューム。で、とりあえず以前のLSメンバーには、ことあるごとにサブリガの話題を出し、もちろんイベントやレベル上げPTに誘われたって、街の中ではブロンズハーネスと錆びたサブリガがお約束の街着。

でもね。今だから言える。

私は、サブリガに対してそれほど思い入れは無い、と。

そもそも、ことの発端は、赤のレベルがまだ11位の時の話。
私のファーストジョブは赤だから、本当にプレイして間もなくの頃である。
脚部について、まだジュノに行けなかったので、バストゥークの競売を見ながら、値段が安くてそこそこの防御力の防具が欲しかったから装備してただけという。
ついでに言うと、なんか足がむき出しになって、足環のようなものをつけているグラフィックになったから、実は「サブリガ=足環の防具」としか思っていなかったという。


ところが、私をFFに誘ったChrisが、私の様子を見に来て、私そして述べた言葉。

「お前、なんて格好してんだよ」、と。

その時、私はわかったんです。

そうか、この装備は他人から見ると、少し奇妙に思えるのか。・・・これはネタになる!

ということで、私はこの事件以降、FFXI上でのアイデンティティ、あるいはレゾンデートル・・・いや、道化の仮面として、サブリガを着用するようになっていくのでした。

まぁ、その選択に後悔はしてないのだが、ただ、ね・・・・一つだけ、IFがあるとしたら。
今だから言えるが、私ってものすごく女性キャラに対して甘いんですよ。いわゆる従者レベル並に甘いです。
男性キャラに対しては、シテシテクレクレばかりの人には厳しく、普段から会話をしてたり、野良シャウトでもまともそうなシャウトなら喜んで手伝う、という感じだけど。
女性キャラ相手なら、クレクレだろうがなんだろうが手伝います、みたいな感じで。

なのに、私に対する女性キャラからのテルって全く来ないんですよね・・・あれか?私がサブリガ着用者なのが悪いのか?もしかして、変態紳士などと思われているのか?・・・とか思ったりもするんです。時々。

ネタに走るべきではなかったのだろうか。永遠に答えの出ない思い出・・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディープダンジョン4 黒の妖術師

2013-06-09 14:21:29 | ゲーム回想録

ファミコン後期に出た、3Dダンジョン型RPG。
もともと1・2はディスクシステムで、3からROMに移行したシリーズ。
この4は、発売日が1990年4月とのことなので、スーパーファミコンが発売される約半年前位の作品ということだろうか。

ストーリーとしては、主人公の父親と仲間の魔法使い、それに神官の3人で魔王を倒したが、それから
しばらくして魔王が復活し、主人公の父親が殺されたため、敵討ちのため冒険に出るというもの。
ちなみに、仲間になる人物は全部男なので、ちょっとだけむさ苦しい。

この作品、私はかなり好きなんですけど、残念ながら世間の評価はあまり芳しくない。

今回の舞台は森や山岳地帯のようなオープンフィールドであり、基本的に敵はお金を持っておらず、町の人からの依頼(クエスト)をこなしてお金を得るというシステム。
あきらかにテーブルトークRPGを意識した作りになっており、シリーズの過去作品のようにひたすら深く暗いダンジョンを探索して宝を見つけつつ、敵を倒して経験値とお金を稼ぐハック&スラッシュ型とは一線を画した作りになっている。

いや、別に私はそういったゲームが嫌いなわけではなく、あくまでも4は3以前とは毛色が違うと感じたというだけなので、誤解しないでくれると助かります。

話を戻すが、そういった違いは過去作品が好きな人にとってみれば、求めていたものと違う、という気持ちになるのかもしれない。

余談だが、「ぱすてるチャイム」というシリーズもので似たような経験をした。1作目、2作目ともひたすら潜って探索するゲームだったのに、3がタクティクス戦闘ゲームになってしまって・・・はぁ。

また、完成度、奥深さという意味でも、MAP数もあまり多くなく、ほぼ同時期に出た3D型RPGである女神転生2やマイト&マジックのFC移植版と比較すると、内容が薄いのは否めない。

ただまぁ、プレイもせずTASのクリア動画だけを見てクソゲーと言うのはどうかって気もするけどね・・。

さて、いきなりネガティブな面の説明から入ったので、私が好きな理由を見ていこう。

まずは、エンカウント率の低さと、移動速度の処理の速さ。
かなり快適に動くことができるので、あまりストレスなく探索ができる。
さらにオートマッピング機能ありの親切設計、今でこそ当たり前だけど、当時はなかなか画期的。
回復薬だって、1つ買えば複数回使えるお得感。

次に、選択の自由度によるプレイヤーへの負担の軽減。

例えば、魔法使いに会うため、門番の青い竜に紹介状を見せて通してもらうイベントがあるが、別に紹介状無しで力押しで通ってもかまわない。この青い竜はラスボス手前の中ボス位の強さがあるけど、戦うこと自体は否定されないし、勝てばそのままストーリーは進行する。
また、各街にはいくつかのクエストイベントがあるが、別にやりたくなければやらなくてもかまわない。
ちゃんと通常通りプレイすれば、普通にクリアできる適度なルートを抑えた上で、あえて他の手段を取ることも否定しないという感覚は、当時プレイしててかなり楽しく感じた。
また、武器屋や道具や何かでも、アイテムの売買とは別に会話も可能だし、魔王復活?なにそれ?というくらいのどかな世界なのはご愛嬌。

後は、世界の雰囲気作りの上手さ。
のどかな森を散策したりとか、商人の護衛で長い街道を進んだりとか。
ある山岳地帯は領域が2つに分かれ、そこの奥地にはそれぞれの種族のリーダー的な固定敵がいる。
この敵は別に何のイベントにも無関係に配置されているのだが、それが逆にモンスターの縄張り的なものをプレイヤーに意識させる、想像力をかきたてられる作りになっている。

そして、最終局面。ラストダンジョンといえば、ラストダンジョン症候群という、何故かゲームのラスト手前でやめてしまうということがよくあるが、その原因の一つには、ラストダンジョンの敵が強過ぎる上に、難解で広大な迷宮にプレイヤーが疲れてしまうというものがあるが、このゲームではそんなことはなく、狭いのでさくさくラスボスまでたどりつける。グローランサー5と同じくらい狭い。

私は結構ハマったので、裏技などは使わずに2度クリアした。2度目はそれこそ青い竜を実力で叩きのめして、狙ったわけではないが、魔法使いが復帰するルートでプレイ。最初は弟子がそのまま仲間になってただけに、驚かされた。

まとめると、色々な意味で「やさしい」RPGと言えるだろう。
今プレイしても、チープだなーとは思いつつも、インタ-フェースまわりに不満はないので、普通にクリアできると思う、佳作の一品である。
出る時期だけが間違っていたために、うずもれた作品。そんな中、私が出会えた偶然・・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エラーメッセージ

2013-05-26 15:36:45 | Weblog
職場のPCで、CD-Rにファイルを入れる必要があったが、何故かうまくコピーできない。
書き込もうとすると、書き込みが禁止されているというようなエラーメッセージ。

色々とネットで調べるんだが、ドライブを右クリックしてプロパティ開いて書き込みタブを・・・なんて書いてても、
そもそも書き込みというタブがない。
フリーのライティングソフトを落として書き込もうとしても、ドライブを認識しない。

で、2時間ほどあれこれ悩んで、もしかして、とあることに気づき、まさかと思いつつ調べて見る。
「TEAC-DV-28S-V」
職場の私のPCの、CDドライブのドライバの名称だが、これを検索すると、やはり。

 読み取り専用ドライブ

であったことが判明。
結局、隣の人のPCのドライブだと、5分でCDを作成できたのだが・・・・今時DVDマルチじゃないPCって
どうなんだ、とか。それが当たり前過ぎて、読み取り専用って発想は無かったわ・・・・。

とりあえず、あのエラーメッセージは、書き込み禁止じゃなくて、
「読み取り専用ドライブです」
とかにしてくれないかな・・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだこれ・・・

2013-05-23 19:37:36 | FFXI関連
先週かな、かなり怪しげなメールが来たのでびっくり。
確かに私は以前FFXIやってたけど、もう何年もログインしてないので、異常と言われてもねぇ・・・。
これがいわゆる、釣りサイトでパスワード抜くってやつか、とか思った。
以下、来たメールをコピペ。ただ、あやしいサイトに飛ばないように、アドレスは改変しておく。



件名 あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常
送信者 スクウェア·エニックスアカウント管理システム(###セキュア・スクエニ・コムとかいう変なアドレス###)

あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常、ログインしてください
(###セキュア・スクエニ・コムとかいううさんくさいアドレス###)

商品やサービス側に関連するサポート情報
スクウェア·エニックスサポートセンター

(###あやしいアドレス###)

※サイト、検索機能の様々な製品やサービスの利用
サポート情報は確認した。
スクウェア·エニックスサポートセンターのご意見やご要件、ご使用ください


ほぼ原文ママだが・・・・なんか、そもそも日本語としておかしい。
翻訳サイトで無理やり日本語にしたような文章で、助詞や句読点もどこかおかしい。
そもそも何の異常なのかも説明されていない。もうちょっと文章に説得力を持たせるように努力しろw。

で、ググったら、かなりスクエニのログイン画面に似せて作ったダミー画面が出るとか。その労力を、文章に
回せなかったのかとw。
おまけに、スクエニになんて登録してねぇよ、という人にまでメールが来てるとかww

しかし、このメールが全盛期に来てたなら、Chinatuさんがひっかかってただろうな・・・とか思うとにやりと
笑みがこぼれてしまうね。DainaさんやGingさん、あぜぽんにvelさんなら大丈夫だろうけど。

ひさびさに懐かしいことを思い出してしまったな・・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お釣り。

2013-05-15 21:51:47 | Weblog
 お釣りというと、例えば900円のものを買って1000円出すと、店員が「千円お預かりします」って言うよね。
 預かってる?何を? そりゃもちろん、お釣りを預かってるのさ。

 じゃあ、千円のものに千円札を出したら?
「千円お預かりします」? いやいや、預かってない、預かってないよ。
「千円ちょうど、頂きます」とか。「千円頂戴します」とか。
 まぁ、店員の言葉尻に注意しても面白いかもしれないが、それについて店員に突っ込むのは無しで。
 こういうのは自分の中だけで楽しむもんだ。

 さて、お釣りというと、昨日あった出来事。
 私はフルのガソリンスタンドで、店員に給油してもらう。満タンにしてのやりとり。
「43リッター入りまして、6309円です」
「じゃあ、これで」といって、私は10000円札と10円玉1枚を渡す。

「あのー、6309円なんで、10円じゃなくて9円ありますか?」
「んー、9円はないから、それで精算して」
 店員、レジに向かって、お釣りを持って帰ってくる。

「3691円のお釣りになります」
 といって、10円玉混じりのお釣りを渡してくる。
 それを受け取って確認するが、やっぱり3691円しかない。

「いやいや、ちょっとまて。それは1万円の時のお釣りでしょ。10円渡したよね。お釣りは3701円になる
 でしょ?10円どこに消えたの?まぁいいから、10円持ってきて」
 というと、店員は理解していない様子で、またレジに向かう。

「じゃあ、こうですね」
 といって、今度は私に110円を渡してくる。

「いやいや、それだと100円多いでしょ。なんでそうなるの」
 ということで、100円玉を店員に返す。

 そしてちょっと疲れながら、スタンドを後にする。

 ・・・なぁ、下2桁が09円の時に、10円を渡すってのは、そんなに難しいことかな・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

踏み出せない一歩。

2011-02-14 20:58:27 | Weblog
もう四年も前のアルテイルの幻影を追い掛けていて楽しいか?
私の夢中になっていたその瞬間はもう過ぎ去ってしまった。
私は懐古主義の殻をやぶり新しい一歩を踏み出すのが恐いのか?
アルテイルはもうやめにして忘れる事をすすめる。

・・・・ブロントさん名言集より、改変。

ちょっと主語というか立場が一人称と二人称が混じっているが、気にしない。

 ということで最近は、去年まではほぼ毎日ログインしていたアルテイルSNSもほとんどインせず。
 去年までは結構ナポレオンやってたんだけどね・・・今年に入ってからはほとんどインしてないや。色々あって疲れたので、少し離れてみることも必要かも。

 なので、最近はもっぱらPSPとDSのオフゲをプレイしてすごしている次第。
 据え置き機ですらプレイが面倒で、布団で寝転びながらプレイしてたり。

 逆転検事2はクリア。1よりも最後あっさりと観念したのは好印象だが、証拠が無いって悩んでたのに都合よく証拠が出てくるご都合主義はどうなんだろう。まぁそこはゲームってことでいいや、出なくて取り逃がしました、おしまい、では誰も納得しないだろうし。

 今は1をやってないのに戦場のヴァルキュリア2をプレイ。難易度のバランスが結構絶妙で、なかなか面白い。うまくやればちゃんとクリアできるけど、適当にやると怪我人が出る、みたいな・・・・ただ、単位がなかなか集まらないのには参った。特に初級終了証・・・・運に任せるしかないか。

 早く春が来ないかな、いい加減冬は飽きた・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ、適当。

2011-02-05 02:57:30 | Weblog
とりあえず現状。
熱もなければ特にどこか調子が悪いわけではないが、のどだけがずっと痛かった。
1週間程のどだけが痛みがあったが、今朝起きたらふと痛みがひいていた。
なんだったのかなぁ。

逆転検事2をプレイ中。1スパンが少し長いのか、少し冗長かな。それでもなんだかんだで逆転裁判な雰囲気は出ている気がする。

戦場のヴァルキュリア2(PSP)をプレイ中。PS3はあるけど、原作はやってないのに2からプレイ。それでもまぁ、結構楽しんでいるのだが、すこし私には難易度が高め。もう割り切って、負傷兵が出たってリタイアせず、クリアするかなぁ。

その他新品2本。オフゲの新品をここまで一気にかったのもひさしぶりなせいか、財布には少し優しくない。少し節約が必要かなぁ・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

微妙に・・・

2011-01-12 19:31:35 | Weblog
約半年保留して、bot以外訪れなくなったところでブログ再開。
ちなみに保留中は少しだけサブアカウントでアルテイルのSNSやってたり。
もっぱらROM専だけど。

まぁ、ブログ再開といってもそこまで更新頻度も低ければ大した話も書くわけじゃないのはあいかわらず、だけどね。

近況としては、最近はとにかく寒い。冬だから当然かもしれないが、夏が猛暑で冬が厳冬だと結構つらいかな。ストーブをつけて部屋を暖めても、消して1時間もすれば部屋は冷え切ってしまうし。どうしたものかな。

大晦日やお正月は、ネット環境のない実家でゴロゴロしたり、ひさびさに地元の知り合いとひたすら三人マージャン。(通称サンマ)

しかしサンマのルールは考え方が色々で難しいかな。
一応聞きかじりで私が覚えているやり方が、
「2万から8万までの牌を抜く」
「チー不可」
「食いタン無し」
「北はオタ風」
「東三局、南三局まで」
「ツモった場合、ロンに比べて北家分安くなる」

というルールで一応プレイ。
ところで、サンマって手が出来やすいというのは事実だろうか・・?なんか振らずとも焼き鳥でダブハコくらったんだけど・・うーん。


あとは、実家ではDS持ってゴロゴロ。
SNKvsCAPCOM カードファイターズDSというカードゲームが安かったんで買ってプレイしてたかな。
色々なキャラクターカードがあってそれなりに面白かったが、かなり先攻有利なルールに思えてしまったのが残念。先攻2ターンキルとか普通に出るし。

ちなみにプレイ2日で作成したデッキがこちら。

赤寄せ型速攻。天敵はノット・インディペンデンスとユニバース・ディストーションくらいかなぁ。

要するに、白1でBP400のカード集めて、1枚捨てて4体出して、委員長か秘薬の力打ってドン。宝探しで5体出すとか、マッドマンでブロディア出すとか。

アドン       ×4
ポイズン      ×4
タン・フー・ルー  ×4
ショーン      ×4
花諷院 和狆    ×4
ワイラー      ×4
アクセル      ×4
東風        ×4
委員長       ×4
マッドマン     ×4
ブロディア     ×2

秘薬の力      ×4
マイクパフォーマンス×2
宝探し       ×2

ムダに長くなったので、一旦・・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

damn

2010-08-29 07:45:19 | Weblog
http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry?fid=newentry&iid=f4e6f4b6873480e141482478fdc665f0#
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナポレオンに関するRP計算式について(再録)

2010-08-18 22:33:16 | アルテイル・LH レーティング
 先日までDSのメタルマックス3とシグマ・ハーモニクスをプレイしたものの、それも一段落つき、最近は何となくやることが見当たらずになりゆきでナポレオンをプレイしていました。

 どうせやるならということで、以前途中で止まっていた、ナポレオンに関するRP計算式についても同時にデータ集めを実行。
 その結果、4Rについてはほぼ確定しました。検証していないのが、全員1位や4人が2位という特殊な順位のパターン程度。なかなかうまくいかないもんです。

さて、現在は中間報告。

 まず、基本はアルテイルやLHと同じR計算式です。

アルテイルのwikiにも掲載されていますが、このブログでも記事にしていますので、下記からどうぞ。あれこれ見るより、早見表がおすすめです。

過去ログ

 ただし、R差については、「5人のRの平均値」と「自分のR」を比較します。

次に、順位係数。
原則、同率順位が複数いたとしても係数は同じです。従って、ナポレオンのレーティングに関しては、ゼロサムが不成立です。いいのかなぁ。

1位=勝利時変動数×1.0
2位=勝利時変動数×0.5
3位=引き分け時変動数×0.5
4位=敗北時変動数×0.5
5位=敗北時変動数×1.0


3位の、引き分け時変動数に、何故か係数0.5がかかっています。引き分け時は0.5勝0.5敗とするというものですが、すでにそれで計算されているのに、さらに0.5をかけるのは、多分後付のミスだと思われますが、真相は闇の中です。

そしてラウンド係数。4R部屋が基準となっているのは確定です。

4R部屋=係数1.0

それ以外の部屋については、現在検証中です。
下記は「仮説」ですので、4R以外については確定ではない、と申し述べておきます。


1R部屋=変動数は全て無関係に、絶対値で「1」
2R部屋=係数0.32(概数)
3R部屋=係数0.63(概数)
5R部屋=係数1.29(概数)
6R部屋=係数1.57(概数)


後は、CPU補正。

CPU補正=係数0.5

どうも、対戦開始後にプレイヤーが回線落ちとなり、CPUとなった場合、変動数が減少するようです。先日、4R部屋で1人がCPUとなり、その勝負では私が1位になったのですが、理論値で9上昇するところ、4しか上昇しませんでした。
その後2度ほど検証しましたが、CPU補正は0.5のようです。データ集まらないので何ともいえませんが。

最後に、端数については、4捨5入で整数となります。

基本4Rしかやらないので、その他のデータが不足しているのは確定的に明らか・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部分月食。

2010-06-27 01:05:20 | Weblog
 ということで今日は噂の部分月食を見た。運良く晴れてラッキーである。次の月食は12月21日らしい。
 どうでもいいが、月食の時は必ず満月なのね・・・よく考えると当たり前なんだが。

 残念ながら私の持つ携帯やデジカメでは遠くて画像が取れなかった。ちぇー。

 まぁそれはともかく、普通に肉眼で見てもはっきりと欠けている。半月なんかだと横半分が暗いのだが、今日の月食は別に沈みかけでもないのに、上半分が暗いという状態。うーん、珍しいものを見た気がする。

 私のいる場所はムダに明るい上に建物等が立ち並ぶので、あまり観測に適した場所ではなく、星などは地上の明かりに紛れてほとんど見えないような場所なので、ちょっと残念ではある・・・・次は人家の無い山奥にでも行こうかな、とか思ったが、良く考えたら冬だと雪道の山は厳しいか・・・・うーん。


 以降、その他の雑記。

 参議院選挙の投票なんだが、公示が6月24日ということで、3ヶ月前の住所地での投票となる。ところが、私は4月1日に引っ越しており、以前の住所地に行くには自動車で2時間かかる。
 そりゃ選挙には行くべきだと思うんだが、往復4時間、ガソリン代だけで3千円はかかるぞ・・・・どうしたものかな、ほんと。
 とりあえず郵送で手続きをすれば、こちらの投票所で投票できるらしいが・・・郵送でのやりとりなので、果たして間に合うものか。うーん。

 6月は自動車税を納める月。
 県税事務所からキップが来るので、それを払いに行ったのだが・・いつもより値段が高い。良く見たら、裏に古い車は重加算税として1割追加しますとか書いている。
 どうやら私のいる県は、古い車はさっさと買い替えろ、という運動を進めているらしい・・・環境やエコよりも景気ってことかな。しかし、何となく納得ができない税制である・・・〆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加