「介護録」とユルユル日記

介護終了、ブログタイトルかえました。


三回忌

2016-12-10 | ●介護回想(2015~)
先日7日に三回忌を終えました。
住職に来ていただいてお経をあげてもらうだけの簡単なことしかしていません。

その準備をバタバタとしている時に、ドアに指を挟み、まだ中指がしっかり曲がりません。
右指やられたので、タティングも出来ないし、エレクトーンも弾けないということで、日常生活への支障より、
自分にとっての、今現在の好きなことbest1,2が封印されてしまったのが辛い……(まあ、あと少しで復活出来そうですけど)

三回忌の仕度でこんなことに……と思わず母を恨む?

彼岸とかお盆の読経はミニ蝋燭でいいけれど、一周忌とか三回忌のような時はミニ蝋燭では足りないのよね……でも、そのこと忘れててやはりまたミニ蝋燭使ったから途中で燃え尽きた。

おりくぜんの器は、もう間違えない。
しっかり覚えた。
煮物系が二つになってしまったのは許して貰う。1つは和え物系がよいのだけど。

おりくぜんについては、うちの住職は「絶対」ではないようで、なければないでなにも言わない。
人によっては、ご先祖様の分とご本尊様の分と二つのおりくぜんを用意する方もいるらしい。

そんな話をうかがったので
「例えばお供えものなど、何人も亡くなっていても一つで問題ないものですか?」と聞いてみた。
一つの家なら一つでいい……とそんなふうに聞いたけれど、ホントのところはどういう解釈なのかしら?と思い……。

住職のこたえは
「大丈夫、一つを仲良く食べるから」
でした。

小難しい理屈でなくて、なんだかホッコリ。


『介護』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症、自分が忘れられてし... | トップ | 侮日って言い方があるのをし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たいへんだったですね (銀杏)
2016-12-10 15:03:58
はじめまして。 ぜん を つくるのは たいへんですね。 私も わからなくて 一生懸命 つくりましたが 住職さまに たずねると 同じことを おっしゃいました。 仲良く めしあがられるから あなたが 心を込めて つくってくださいね。気持ちが とっても 楽になりました。痛い指 早く 完治 して 素敵な音楽を奏でてくださいませ。今月は 慌ただしい みなさんが いそいでいるような 気がします。
銀杏さんへ (ビゴ)
2016-12-12 16:15:44
こんにちは。返信遅くてすみません。

住職の言葉は心が救われますね(o^-^o)
仏教の難しい理屈だと、信仰心のない私は、逆に、何?それ!?とか思ってしまうところですが、
仲良く食べるから……って、優しくてごく当たり前なお話で、心置きなく?!お供え一つを捧げたいと思います!!

指はだんだん治ってきました。
ありがとうございます。

コメントを投稿

●介護回想(2015~)」カテゴリの最新記事