びえもカフェふくしま

「びえも」とはフランス語で「生と死」を意味するVie et mortをひらがな表記したものです。福島の死生学カフェです。

何もしないという愛もある

2016年10月12日 20時06分16秒 | 死について
わたしはジブリ映画が大好きですが、ひとつ許しがたいことがあります。

特に物申したいのは以下の2組です。
「シータとパズー」 (天空の城ラピュタ)
「アシタカとサン」 (もののけ姫)

まずシータとパズーについてです。
パズーは仕事の帰り道で偶然に空から落ちてきたシータという女の子を拾います。
そして何者かに追われているシータを助けると心に決め、さらわれれば救出に向かい、危険をかえりみずに武装した大人たちに挑みます。
最後はシータと一緒に滅びの呪文まで唱えてシータに添い遂げようとしています。

次にアシタカとサンについてです。
アシタカは自分の村を襲ったタタリ神にとどめを刺したため村を追放され、立派な獣がタタリ神になってしまった原因究明の旅に出ます。映画で見る限り村にはアシタカ以外に若い男性の姿もなく、村人の話からも将来を期待された若者だったようです。アシタカを慕う村の女子カヤからも宝物をもらい「ずっと思っている」と告白されています。
それが、口が血まみれになっているサンと出会った瞬間から、アシタカの頭はサンでいっぱい。
(あんた、「わたしもいつもカヤを思おう」って言ってたじゃないか!!)
最終的にはサンに「ともに生きよう」とプロポーズめいた言葉を発しています。
もう二度と村に帰れないのはわかりますが、一度もカヤを思い出すシーンがなかったことにわたしは猛烈に腹を立てています。

特に気になるのがこの2人ですが、他の作品にもこの特徴は見られています。
特徴、それは・・・

ジブリブラザーズは惚れっぽい!!!
それとも、これは恋ではない別の感情なんですか?

確かにジブリシスターズは魅力的です。
ひたすらかわいらしくはかなげとか、強く見えて実はもろいとか・・・
助けてあげたい気持ちになるのはわからなくもないです。
上記2人の男子にはそれぞれ胸に秘める熱い想いがあるのも知っています。

でもね〜、いきなり自分の命かけすぎなんだよね・・・
恋じゃないと主張する場合、もし相手がカワイイ女子じゃなくて
大きいおじさんだったらどうですかとお聞きしたいです。

ラピュタの前身に未来少年コナンというアニメがあったのはご存じでしょうか。
小学生の頃に「BSアニメ劇場」という番組があり、妹と夢中で観ていました。
あの主題歌は秀逸です。

海はあおくねむり 大地にいのちめばえ そして空が そして空が あしたを夢みて
ほら 生まれ変わった地球が めざめの朝を むかえる
およげ なみけたて はしれ つちをけり
こんなに 地球がすきだから こんなに夜あけが美しいから
うたえ 声あわせ おどれ かたをくみ
こんなに地球がすきだから こんなに夜あけが美しいから
(題名が分からず何も調べていないため漢字があやふやなところはひらがな表記しました)

地球に対しての愛を、これほど高らかに歌い上げるなんて、なかなかできることではありません。
とても心が躍る良い歌で、わたしはご機嫌なときは今でもこの歌を口ずさみます。
主に飲み明かした朝ですが。

主題歌はともかく、こちらは海賊ルフィもびっくりの驚異の身体能力を持つコナンという少年が、やはり突然現れたラナという少女を命がけで救出する物語です。
30年近く前のことですが、コナンがものすごい長い時間をかけて海中を泳ぎ敵地に侵入した場面が脳裏に焼き付いています。そこまで彼を駆り立てたものはなんだったのでしょうか。

さんざん文句を言っていますが、わたしはジブリが大好きです。
ただちょっと情熱メーターの振り上がり方に納得がいかないだけです。
それとも、わたしのまわりにいないだけで男子とは基本的に命をかけたがるものなのでしょうか。


さて、ここから「びえもカフェ」につなげたいと思います。

わたしたち現代人は、誰かと両想いになったからといってすぐに命を賭けることはできません。
でも、大切な相手や恋焦がれた相手に死なれたくない気持ちはジブリブラザーズと同じだと思います。

できることなら危機に直面する前に相手の意向を確認しておきたいものです。

わたしは身近な人たちと「カラダに管は通さない」と約束しています。

本当は、ありとあらゆる手を尽くしてもわたしよりも長く生きていてほしい。
大切な人が失われると想像するだけで、自分も生きていく必要がないと感じてしまうくらいです。

それでもその尊厳を守るために、その人が正常に判断できない状態にあるとき
本人の意向をくみ、「何もしないことを選ぶ」というのは大きな愛だと信じています。

もちろん幼い子どもに対しての治療や、回復に向かうプロセスの中での一時的な処置など
医療にはいろんな側面があるため一概にこうだと断定できるものではありません。

だからこそ知っておく必要があるのではないでしょうか。
あなたは、あなたの大切な人がどんなふうに人生を終えたいかを知っていますか?

それを話しあい、聴きあい、考えること。それが「びえもカフェ」なんです。

たいへん長くなりましたが、ご参加をお待ちしています。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目指せ百歳!! | トップ | びえもカフェ広報部 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。