びえもカフェふくしま

「びえも」とはフランス語で「生と死」を意味するVie et mortをひらがな表記したものです。福島の死生学カフェです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2回びえもカフェ開催のお知らせ(再)

2017年04月25日 14時11分57秒 | 開催予定
新年度を迎え、どなたさまも忙しく毎日をお過ごしかと思います。

わたしもブログを更新できないまま
あっというまに桜の季節が終わってしまいました。

が!!
次回第2回びえもカフェふくしまのご案内です。

【日 時】 2017年5月20日(土) 15:00~17:00

【場 所】 チェンバおおまち3階 福島市市民活動サポートセンター 多目的ホール
 
【テーマ】 しあわせな最期とは?

【参加費】 コーヒー代 800円(珈琲楓舎スペシャルブレンド飲み放題♫)

【申 込】 不要

【連絡先】
問い合わせは「メッセージ」でお願いします。
※)返信の仕方がわからず、メッセージいただいた方にご迷惑をおかけしております。
メッセージには返信先アドレスをご入力いただきますようご協力お願いします。




今回のテーマは
「しあわせな最期とは?」です。
孤独でないこと。苦痛のないこと。
など、どんなふうに人生を終えたら幸せかは人によって違うと思います。
突然死ぬのと、病などであらかじめわかっているのとは、何が違うでしょう。
病院で死ぬのと、家で死ぬのとは、どう違うのでしょう。

「あの死に方はしあわせだ」
と微笑みながら言われるようなじいちゃんやばあちゃんがいます。
自分もあんなふうに人生を終えたいと思うような見送りもあることでしょう。
逆に「あんな亡くなり方は気の毒だ」と思ってしまうこともあります。

大事な何かを失う側にも、後悔の残る失い方もあれば、そうではない手離し方もあるのでしょう。
人生とは、死に方や失い方だけで決まってしまうものではないはずですが
生き方は決められても、なかなか自分で別れ方は決められないものです。

願はくは 花の下にて 春死なむ
その如月の 望月のころ


わたしたち現代人には、西行のように桜の下で最期を迎えることは不可能に近いのではないかと思います。
では、あなたにとっての「しあわせな最期」とは?

ぜひ、びえもカフェでの対話に参加して思考を広げてください。
今回も珈琲楓舎さんのスペシャルブレンドをご用意してお待ちしています!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰もが生きづらい | トップ | つながりのお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。