Vic's Weblog


BCL
Bike
ラヂヲ
通信型受信機
ヘッドホン・オーディオ
などなど好き放題書いています

初回の点検整備とオイル交換!

2017年05月28日 | バイク

500km 走ったので愛車のスクーター初回の点検整備とオイル交換しました。

最近は毎日ではないですが時々通勤にも使っています。今回のスクーター購入では Option を色々と付けたりと結構出費したので、少しは通勤費を稼いでくれないとね!

整備マニュアルには初回のオイル交換は 500km と書かれてて、取り扱い説明書には 1,000km となってます。

今回 500km でオイル交換しました。交換前後で感覚的に変わるところは無いけど気分は良いものです。多少はスラッジが排出出来たかな?

さて、購入時にバイク店主に、

「 1,000km は慣らし運転して下さいね。」

と言われて真面目に慣らし運転してますが ... 慣らし運転って本当必要なの?と本音では思っています。

昔乗ってた某ドイツ製の車の取り扱い説明書には、

「慣らし運転は不要」

「暖気運転もしないで下さい。」

と書いてました。暖気運転しないように書いてあるのは、地球環境のためにと書いてました。

国産の自動車メーカーでも慣らし運転の必要性についての記載には差があるようですね。必要なしという明記のメーカーも数社あるとか。

蛇足でピストン・エンジンから話は逸れますが、ジェット・エンジンは慣らし運転は不要だそうです。

基本的にジェット・エンジンは暖気運転も不要だそうです。エンジン始動して一気に最大出力 OK なのだとか。

環境問題を除けばピストン・エンジンには暖気運転が必要なのは間違いないとして、でも一定期間の慣らし運転って?本当に必要?

内燃機関が世に出回ってまだまだ安定性や信頼性に問題があった時代の都市伝説ではないか!

と、あまのじゃくは思います。

「スラッジが除去できたかな?」とか

「最近当たりが出てきたかな?」とか言っているのでまあ相反する意見なのですが。

※ あくまでネット情報ですが、世界のバイクメーカーの信頼性 (故障率の低さ) の

  ランキング!

  もちろん日本のバイクメーカーが Top 4 に名を連ねていますが、

  栄光の一位は YAMAHA でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチ・ツーリングで和泉葛城山へ

2017年05月15日 | バイク

今日は休み、昼過ぎに思いついて和泉葛城山へ行くことにしました。

距離は30kmしかないので45分もあれば行けます。

途中のワインディング・ロードも結構楽しめます。

途中に綺麗な花が咲いています。さつき?つつじ?しゃくなげ?

登頂してみて「寒い!」標高が800mくらいあるので単純計算だと気温は地上より5度低いことになります。

峠にハイランドパーク粉河(KOKAWA)という施設があって見晴らしの良い二階にはレストランがあります。寒いので、うどんとおでんを注文しまました。

↑ 正面は紀ノ川河口の和歌山市になります。店の方々が代わる代わるここ和泉葛城山の素晴らしさを教えに来てくれました。景色の説明から周辺の野鳥の生態とか。

↓ 反対側を見ると大阪はもちろん神戸方面が見えます。が、黄砂のせいで視程がよくないので関西空港とその向こうの淡路島を写してみました。

帰りは紀ノ川方面へ降りていきます。

↓ 流石フルーツの里、みかんの花の香りで一杯です。

この香りで、こどもの頃みかん畑で遊んだ記憶がよみがえってきました。

山の斜面の段々畑にみかんの木が植えてあります。

さて4時間ほどのプチ・ツーリング、これまでの燃費は、

燃費計は 47km/L を超えてきました。

購入して一か月弱ですでに400kmほど走ってエンジンにあたりがついてきたのか、またはオプションで付けた風防(ハイ・スクリーン)の効果か?

凄い山道を登り下りして、しかも街中も走った割には結構いい結果がでてます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

iPhone ケース購入!

2017年05月14日 | Weblog

硬派にケース無しで使い続けようと思っていたけど、やはりケースに入れることにしました。

US MIL Spec って書いてるけどその辺はどうでもいいです。

この綺麗な成金趣味の金色の iPhone SE の輝きが実感できればということで透明ケース!

素材はかなり柔らかく滑りにくそう!

以前の記事に書いた純正の充電基台は変わった風貌の白い部分!

ケースのまま挿すとシックリくるようになりました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

遂にiPhone に傷が ...

2017年05月10日 | Weblog

その造形の美しさの余り、硬派に敢えてケースに入れず裸で使ってきた iPhone SE を夜道で地面に落として傷付けてしまいました。

かなりショック、たかが携帯、されど ...

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

空冷か水冷か?そして空冷の未来は?

2017年05月08日 | バイク

何気なく原付 50cc のカタログを見ていたらメーカーによって発動機が空冷と水冷に分かれているのに気付いた。(原付 50cc のみの比較)

 SUZUKI ; 現行モデルの全てが空冷モデル。

 HONDA ; 空冷と水冷の両方のモデルがある。

 YAMAHA ; 全てのモデルが水冷化されている。

 KAWASAKI ; 50cc バイクは無い。

水冷モデルは出力が大きいが高価、空冷モデルは安価、そもそも原付 50cc が水冷化されているとは、長らくバイクから離れていたので知りませんでした。しかし気になるのは今後の排出ガス規制です。

9月1日から継続生産車にも拡大される排出ガス規制の影響で HONDA Monkey Z50 の生産が終了するという話題は以前記事にしましたが、やはり空冷エンジンでは Fuel Injection とはいえ厳しいのかな?

HONDA 加藤社長は、「 2021年には、さらに厳しい規制がまたくる。やはり 50cc というものの限界がある。」と指摘した上で、「 2030年になった時に原付1種 50cc バイクが内燃機関を主体としたもので存続できるかというと、私は非常に厳しいと思う。」

ちょっと寂しい記事でした。

さて話題に戻って、昔(今もかな?)、空冷エンジンは液冷 ( Oil Cooling ) という記事を見たことがあります。Oil で冷却とはなるほどと子供の頃、妙に納得したことがあります。昔の飛行機のレシプロ・エンジンも空冷が多いですね。

V ツインとか並列4気筒の空冷は美しい!この美しいエンジンを見れる日はそう長くは続かないかもしれません。

↑こちらは水冷

↓ 以下は空冷

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Disney SEA

2017年05月06日 | 旅先、出張先、その他

久し振りに Disney SEA へ。

朝 08:00 開演前に到着!取りあえずは Fast Pass の取得ということでお父さんは走り回ります。

今日は Beer を飲むことも無くひたすら家族サービスします。

数年前まで Disneyland, Disney SEA, USJ を一日歩き回ると足腰が疲労でコチコチになるものでしたが、今回は歩き回ることの稼働14時間(08:00 - 22:00)でしたが元気です!若返ったかな?それとも疲労は3日後くらいに出るか?

今回は凄く幸運なことがあって 05/12 に公開予定の

↓ "Nimo & Friends SEA RIDER" が事前公開していて乗り物に乗ってきました。

この事前公開に付いてどこにも出ていないので空いてました。

今回初めて鑑賞した "Big Band Beat" これは Jazz の Big Band 演奏に Musical を織り交ぜたものでしたが最高でした。これも超ラッキー、指定席の券が大当たりして鑑賞できました。娘曰く「ここは、いつもくじ引きがなかなか当たらなくて、公演の何時間も前から空席待ちだよ。」と

 

心地よい疲れで帰宅して熟睡できました。

今年の連休は関西→関東→関西→関東→関西と頻繁に移動しながら、紀伊の国探索から始まって奈良 法隆寺、京都 美山、最後は千葉 Disney SEA と遊び三昧でした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

角長醤油、日本醤油発祥の地へ。

2017年05月03日 | 旅先、出張先、その他

和歌山県有田郡湯浅町へ醤油の歴史の旅に行ってきました。

角長(かどちょう)がそれです。材料に拘り、製法に拘り、添加物無しで170年間、樽などの製造過程を含めて製造方法を変えていないのは世界でもここの工房だけのようです。他にも似た醤油屋さんはありますけど。

私の家も昔、母が自宅で醤油を造っていました。醤油工房の匂いで子供の頃の記憶がよみがえりました。

角長醤油 ← クリック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オプションのハイ・スクリーン (画像を入れ替え)

2017年05月01日 | バイク

オリジナルの風防は ↓ これでした。

オプションの純正ハイ・スクリーンはこんな感じになりました。

業務用バイクっぽいかも?

前面の風防がかなり大きくなりました。

これで風圧を下げて?燃費も多少はよくなるかな?それよりも工賃込み¥30,000の費用は燃費では取り戻せないです。

今後もオプションを追加していきます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南海電車 多奈川線 加太さかな線の沿線を走る。

2017年04月27日 | バイク

南海電車 多奈川線 加太さかな線の沿線をバイクで走ってみた。

南海電車の多奈川線はかつて戦前に開業したようです。海軍の造船のための通勤電車、そして大阪から淡路島、四国徳島へのフェリーへの繋ぎの電車として大繁盛したみたいです。

今は二両編成の電車が一時間に2本程度走っています。昔は大阪の難波から急行が運転されて賑わっていたようです。今は単線ですが、よく観察すると廃止された線路やホーム、深日港駅にはフェリー乗り場方向に廃止された昔ながらの改札口があったりと当時をしのばせます。

バイクを終着駅の多奈川駅の駐車場に置いて電車に往復乗ってみました。

「多奈川駅」から本線に繋がる「みさき公園駅」までは3駅で8分の距離でした。廃線にならないことを祈るのみです。

短かった電車の旅を終え、ここから山を越えて和歌山の加太(Kada)へ走ります。

紀州加太の山頂から、これから行く加太方面を眺めてます。

昨日の雨と打って変わって綺麗に晴れました。でも14℃と寒い!今日も寒さのあまりグリップ・ヒーターを使用して走りました。ハンドル(手元)が暖房されるってこんなにも心地よいものか!とオプション付けたんは大正解でした。

ここから山を下りて加太で和食を戴きます。

このシラス飯が半端ないです。

どこからどう食べてもシラスが崩れ落ちます。ごはんが見えない!

これは鯛の出汁のスープ!

滅茶美味いけど、量が半端なくこれで800円!あまりに美味しいのと寒かったので完食しました。

この後は一旦北上してまた大阪に戻り、途中で犬鳴山温泉に浸かって帰ってきました。

燃費は前回と同じ 45km/L でした。この数字ってこの大きさのバイクとしては優秀な部類なのは間違いないですが、家で使ってる VW POLO 1200cc DOHC ターボ5人乗りが実燃費で 20km/L なので、一人乗りでこの燃費そんなに良くないような気がしてきた。

近くオプションが届くようです。それを付けたら多少は燃費が向上するはず!かな?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

YAMAHA VVA Technology

2017年04月24日 | バイク

YAMAHA VVA (Variable Valve Actuation) 可変バルブ技術

こちらも動画で構造が理解できます。

6,000 rpm 付近でバルブが一瞬にして高速回転側に切り替わるんですね。

シンプルな構造でメカニカル・ロスを減らし、低回転域から中速域のトルクの確保と高速回転域の出力を上げるためには優れた構造だと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加