中国でシーバスを求めて

中国華南地区でシーバスを追い求める釣り道中
さて、どんな魚に出会えるだろう。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一時帰国 名古屋ボーシー

2016-10-14 09:15:59 | シーバス
元々帰国後直ぐに行く予定であった名古屋ボートシーバス。

台風の影響により3日間延期しました。

大陸さんと駅で待ち合わせし、二人ファミレスで腹ごしらえ。

日本なに食べても美味いねー。

集合時間の2時間前に付いたため乗り場を下見。


ここは海水やな

こんな場所です。

大陸さんが、なんかデカイの泳いでる!っとなにか発見。

エイがヒラヒラ泳いでいました。

他にも、あれ?テラピアじゃないよね。チヌやん!

30~40cmのチヌが水深30cmの浅瀬を悠々泳いでいました。

ここでチヌ釣ったらボーシー行かんでもええよねー。

談話しながら時間を待ちます。

集合時間前に、それらしき車が止まっており大陸さんが電話で確認。

船で準備してますよーという事で挨拶に。

ボート乗るの初めてなので宜しく御願いします!

こちらこそ宜しくねー。イケメンキャプテンが御出迎え。


出航時間を迎え、いざ出発!

船揺れていい写真とれません。

キャプテンに撮って貰った写真です。

カメラが良いと、こんな奇麗に撮れるんですね。



さぁいよいよ開始です。目標6匹!どうなる事やら


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一時帰国 三重ライトジギング

2016-10-13 13:02:13 | シーバス


昼間は故郷の堤防を散策。

電気自転車で5分ぐらいの所です。


到着




相変わらず奇麗や

毎年ソーダカツオが回遊してくる季節で

夜のシーバスまでライトジギングで時間を潰そうと思ってました。


エギングとサビキ客が先行で入っていますね。

サビキの客が何やら釣っています。
ん??大きいなー。。なんだろ。


でかっ

ウスバハギと言う魚で40~45cmクラスがポンポンあがっています。

ジグ対象魚じゃないなー

僕もボチボチ始めます。

ほどなくして何かHIT!。。。バラシ。

そして
フグが釣れました。

カツオ回遊してきてないのかなー。。

ぼーっと沖を見てるとイワシの大群が跳ね出します。

その裏からメータークラスの何かがボンボン跳ねているではありませんか

500mぐらい沖の話でどうする事もできません。

まぁ掛かっても無理やし。

暫くして弟夫婦が僕の釣りを見学に来ました。

フグ一匹じゃカッコワルイなーと思っていたところ

ガツン!?

丁度義理の妹が見てる所でHIT!

寄せてくるとイワシが跳ねます。青物です。

手前まで寄せてきたところで下のブロックへ潜ろうと最後の抗い!

御兄さん何あれ?大きいんじゃない?

うっしゃー!これはアイツやと確信した所でブチンっと切れてしまいました。

僕の見解でシマアジです。ブログ乗せれなかったのが残念

結局フグ一匹でした。

夕方になってきたので弟夫婦と新たなシーバスポイントへGO!

ネットでは釣果が出ていた尾鷲港を目指します。


発電所近くの河口ポイント


港内ポイント

同じく港内ポント

発電所ポイントでは全く魚を見ることがありませんでしたが

港内ポイントでは電灯したで数匹のシーバスを目撃。

ゆったり明暗部分を泳いでおり、全く反応ありません。

唯一追ってきたのが、エアオグル58mmでのスローリトリーブです。

HITに至らず終了。この攻略は来年までの宿題。

これで三重県での釣りは終了。

最後は名古屋でのボートシーバスに挑みます。


定年後はこの海でゆっくり釣りをやるぞ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一時帰国 三重シーバス

2016-10-12 10:12:47 | シーバス
弟が車を出してくれてヒラスズキポイントへ

台風接近中の大雨の夜、七里御浜海岸へ降り立ちます。

。。。。。。。

。。。。。

。。。

あれ??

川が塞き止められ海へ流れていません。

この川が海に注ぎ込み、尚且つ海が荒れていなければなりません。

後で得た情報ですが、あまり波が高いと砂利を押し上げ川を塞き止めてしまうようです。

やむなくヒラスズキは諦め、マルスズキのポイントへ移動します。



三重県最南端の村の水門ポイントです。

ロストルアーのみで全く当たりませんでした。

直ぐ近くに熊野川が有り、有名なシーバスポイントです。

熊野川移動するか。。帰るか。。。。大雨で気力がでないなぁ。。。

帰る気分満々でしたが弟が、もう一箇所場所を知っているということで移動に決めました。

熊野川を横断し、ここから和歌山へ入ります。

途中熊野川でシーバス釣りをやっているルアーマンを目撃しました。

やっぱ有名ポイントやなー。。後の情報でこの日いい型のシーバス釣れたようです。

到着したのは熊野川から離れた小さい河川の水門。

真っ暗やんけ

しかしこのポイント。良く見ると非常に良いシュチュエーションです。

水門近くに橋が有り、橋下に流れ込みが有ります。

ここを同時に通す事ができる立ち位置が有り、そこからキャスト。

ベイトサイズが小さいことからレンジバイブ55をセレクト。

1投目。。。2投目流れ込みを過ぎたあたりでガツン!!

なんか来た

マルスズキは小さいサイズが多く、ヒキが弱いと思いましたが

予想以上の抵抗です。水門方向へ走ります。

水門の前に網が有り、そこに引っ掛けられると終わりです。

強引に制御しようとしますが、ドラグが鳴り抵抗を見せます。

ドラグを締め、引きずり出します。ここでエラ洗いを見せマルスズキ確定です。

粘りはタイリク程ではないですね。魚体が横になったら楽な物でした。


GOOD SIZE!


65cmでした。


雨でびしょ濡れですが嬉しい一本

マルスズキ初挑戦で仕留められたのは

弟のナビとタイリクスズキで培った経験だと思います。

弟とタイリクスズキに感謝した一日でした。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一時帰国 愛知~三重

2016-10-11 11:49:32 | シーバス
10月1日より中国の国慶節に入りました。

長期休暇でしたので日本へ一時帰国です。

秋ということもあり、長袖を着て行ったのですが。。。暑い

少し名古屋の街を散策したい気持ちがあり、2泊名古屋で宿泊しました。

駅裏でホテル探して散策です。


5F相席居酒屋。女性はなんと無料です。

女に生まれればなぁー。。


矢場トンというお店の名物ワラジカツです。

美味しいけど、味噌カツは甘いですね。


当然焼肉も食べました。文句なし!うまし!


スロットも久々に打ちました。北斗の拳です。

結果惨敗でした。

当初予定していたボートシーバスが台風の影響で延期になったため
三重へ帰郷することにしました。


事前調査でなんと地元でヒラスズキがあがっております。

ポイント書いてますけど隠しません。
釣り道具屋の情報で特異日しか上がらないようで、よほど状況が合わなければ
釣れないと聞いていたからです。

丁度台風が来ており、今夜あたりええかもなーって聞いていたので
迷わず行くことにしました。

弟にナビしてもらい出発です!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孤独のエイドリアン

2016-08-30 09:58:02 | シーバス
前回投稿から半年かー。

半年間でシーバスも11回行ったんすけど全滑りで休養してました。


久々に香港のバス乗ったらUSBの穴があります。

なんと各座席で携帯充電できるではありませんか。

知らない間に発展してるねー。

暫くシーバスの姿見てないので見れるといいなー。

19:00頃ポイント到着。お菓子食べながらのんびり準備します。

うーん。見えない。。シーバス居らんかねー。

19:30頃ダラダラ開始。一投目。。。アカン居らんか。

20:00を回った頃でしょうか。シーバスがルアーを追ってきました。

久々に見るシーバスはやっぱカッコエエわ

その後数匹目撃するもHITまで至らず。でも見れただけで満足していました。

ちょいコース変えて投げてみるか。いつもと異なる場所からポイントを通します。

ピックアップ寸前突然引っ張られます。

うわぁ!!ドラグカチカチのままでした。そのままバラシ。

目測60cmかなー。久々の引きに感激です。

なるほど。このコースがええのかな。

引き続き同コースを通します。暫くしてHIT!

先程と同じくピックアップ寸前でのHITです。

いきなり水面で暴れます。おお!エエサイズや。

これ潜られたらヤバいなー。久々にしてはナイス判断でストラクチャーと反対方向へ移動。

ストラクチャーへ向かうシーバスを強引に寄せ、なるべく水面で空気吸わせて弱らせる作戦です。

作戦成功。短期決戦で決めれました。

どーん!やっぱかっこええわー

うふふ。ポインター丸飲み。ええ喰いかたや

ん!?ええサイズやとおもてたけどもしかして。。。


お!?これはいったか


やったねランカー!81cmやね。


エイドリアーーーン!!

ってやりたかったんですけど一人ボッチなんでテキトーでポチっ。

うーん。。いまいち良くない。


そして買っちゃいました。ええオッサンが今さら感あるけど自撮り棒です。

毎年秋口に良い結果がでており、僕にとって良いシーズンです。

今シーズンこれ以上の大物釣れるかなー。。と考える今日この頃です。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加