広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

管理人が利用した個人輸入代行のサイト

2011年04月13日 17時25分35秒 | 日記
こんにちは。
個人輸入の法律的な部分は以前ご説明したページでご確認いただけたかと思います。
法的説明ページ→http://blog.goo.ne.jp/viagura_shop/e/748b6840b6351c4ffc64344722ff4019

今回は私が実際に使用したサイトをご紹介します。
サイトURL:http://www.shop-viagra.info/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個人輸入代行に関する法律

2010年06月30日 12時50分11秒 | 日記
バイアグラなどの医薬品を海外から輸入するのは大丈夫?と思っている方へ法的な部分の解説をいたします。

■法律的に個人輸入した医薬品は個人の使用のみ認められています。
 裏返して言うと個人の使用は認められますが、輸入した商品の転売などは認められません。ようは、販売業者などが販売目的で輸入するのは認められないということ。
 ■□■正式には■□■
 医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を個人が自分で使用するために輸入する場合又は海外から持ち帰る場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありませんが、輸入できる数量は制限があります。
モチロン、他人への販売・授与はできません。
他人への販売・授与は以下に該当します。
医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業のために輸入する場合は、薬事法によって、厚生労働大臣の許可が必要です。

以下厚生労働省HP(http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html)より抜粋
「自己の疾病の治療等、自らが使用するために海外で医薬品を調達して個人が携帯して持ち込んだり、個人輸入して自らが使用することは、一定の数量の範囲内であれば禁止されていません。また、医師の診断により海外の医薬品を使用することが必要である旨の医師からの指示がある場合は必要な手続きを取ってその医薬品を輸入することが可能とされています。」

また、、、
■ 医薬品の輸入数量に制限があります。
 個人の輸入ですので、輸入数量に制限があります。

 ■□■正式には■□■
薬事法により数量制限されています。下記数量までは輸入許可不要ですが、通関可能な数量についての詳細は直接、税関にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

* 医薬品:要処方薬を除き2ヶ月以内分
* 要指示薬(処方箋の必要な医薬品):1ヶ月以内分
* 食品扱いとならないビタミン剤:4ヶ月以内分
* 化粧品及び医薬部外品:標準サイズで1品目24個以内

また、バイアグラなどの商品を個人輸入する際にはまず
使用方法を誤ると重大な副作用、死に至る可能性のある商品もございますので、取り扱いには十分熟知した方のみご利用するのが常識です。
また医師の指示の下で服用するのは当然だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加