ftjho

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

石松は今年1月のBJCに意気

2017-05-18 13:28:44 | 日記
シーズン最終戦、8月のミュンヘン大会で念願のBWC初出場の機会が訪れる。金髪に染めて目立つ気満々で臨み、予選を3位タイで通過したが、準決勝18位で散った。
エルメス iphone7ケースそのミュンヘンで最も輝いたのが楢崎だった。決勝4課題をただひとり全完(すべての課目はまったく歯が立たなかった。
シャネルiPhone7ケース Chanelその課題を智亜は全完。決勝を観客席で見ながら、あの舞台で活躍する智亜を、とても手の届かない遠い存在になったように感じていました」

 再び国際大会を戦う代表権を手にするために、石松は今年1月のBJCに意気込んで臨んだが、結果は15位。
エムシーエムiphone7ケース10位までに与えられるB代表権を逃し、「もう今年はどうしたらいいのか……」と途方に暮れた。その後、開催国枠に拾われてBWC八王子だけは出場できることになり、目標を決勝進出に切り替えた。
ルイヴィトンiphone7ケースBWCいずれかの大会で決勝に進出した選手は、翌年度のBJCで上位になれば、A代表の権利が得られるからだ。

「出場できると決まってからは思いつく練習は何でもやりました。
シャネルiphone7ケースそれまでトレーニングは登り込むくらいだったけど、下半身の弱さを克服するためにスクワットをしたり。それがクライミングに本当に効果があるかはわからないけど、とにかくいろんな練習をやりました」

 今回のBWC八王子で、石松は目標通りに決勝に進出したが、これは決して容易なことではない。
ルイヴィトンiphone7ケース男子の出場選手84人のうち、準決勝に進めるのは20人。決勝に残れるのはわずか6人という狭き門だ。
シャネルiphone7ケース目標の舞台にたどり着くには、各国代表だけでなく、楢崎智亜を筆頭に、渡部桂太、藤井快、杉本怜、緒方良行、堀創などレベルが高く層の厚い日本勢を超えなければならない。BWCを1戦しか経験していない石松は、想像力を駆使してトレーニングに励んだことに加え、過去の大会を振り返り、メンタル面なども見つめ直したことが成果につながったと感じている。
ルイヴィトンiphone8ケース


「これまでの大会を振り返ったら予選を上位通過した時ほど、準決勝で調子が落ちた。だから、今回は予選で入れ込みすぎないように心がけました。
ルイヴィトンiphone7ケース予選や準決勝のベルコン(※2)は、これまで登っている間も、待っている間も集中を切らさないようにしていたけど、今回は出番を待つ間はリラックスするようにした。それがいい結果に繋がったと思います」
※2 選手たちは予選(5課題)、準決勝(4課題)では課題に順次取り付いていくが、1課題目が終わったらすぐに2課題目を登るわけではない。
グッチiPhone7ケース制限時間ごとに「登る」「休む」を繰り返しながら競技を行なうさまから、ベルトコンベアー方式、通称ベルコンと呼ばれる。

 鬼門の準決勝は、1課題目が石松の苦手なタイプだったが、2トライ目で完登すると調子の波に乗った。
MCM iphone7カバー激安2課題目、3課題目を一発でクリアし、4課題目こそ完登を逃したものの3位で決勝に進出した。決勝の競技順は楢崎の直後を石松が登ることになった。
エルメスiPhone7ケース

「決勝進出が決まったときが一番うれしかったですね。決勝は純粋に楽しもうっていう気持ちで臨んだら、自分でもびっくりするくらい集中できて、気負いなく臨めました。
iphoneケース出番を待っている間も、歓声で智亜は登ったなぁと思ったけど、変にプレッシャーを感じたりはしなかった。決勝の1から3課題目までは全然ムーブが浮かばなくて、頭の中が?マーク状態でうまく切り替えられなかった。
最新エルメスアイフォンケースでも、集中力は切れなかったし、メンタルも挫けなかった。BWCに出るのは今回が2度目で、決勝は初めて。
グッチiPhone7ケースこれは舞台に慣れれば対応できると思っています」

 石松の特徴を勤務先のジムの上司であり、第4回BJC優勝者の通称・オビこと杉田雅俊氏は次のように解説する。題を完登)して優勝、逆転でのBWC年間王者の座についた。
マイケルコースiphone7ケース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | お花を付けた 高級感のあるレ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。