ことば宇宙 universum verborum

英語中心、心に響くことば旅行

Out of the Frying Pan (And Into the Fire)

2017-08-13 | 

It's only two o'clock and the temperature's beginning to soar,

and all around the city you see the walking wounded and the living dead

It's never been this hot and I've never been so bored,

and breathing is just no fun anymore

And then I saw you like a summer dream

And you're the answer to every prayer that I ever said

まだ2時だというのに気温が上がり始めている

町中いたるところに、傷ついている奴らと死んでる奴ら

今までで一番暑いし、一番退屈で

息をするのもうっとおしい

だから、そんなとき、おまえが夏の夢のように見えたし

おまえは俺の祈りの答えなんだ

You can feel the pulse of the pavement racing like a runaway horse

The subways are steaming and the skin of the street is gleaming with sweat

I've seen you sitting on the steps outside,

and you were looking so restless and reckless and lost

I think it's time for you to come inside,

and I'll be waiting here with something that you'll never forget

舗道が逃走馬のようにドクドクしているのがわかるだろ

地下鉄は上気し、通りの肌は汗でテカっている

おまえは外の階段にずっと座って

落ち着かず、自暴自棄で、迷っていた

もう中に入ろうぜ

これからもずっとここで待っててやる いい思い出になるぞ

Come on, come on, and there'll be no turning back

You were only killing time and it can kill you right back

Come on, come on! It's time to burn up the fuse

You got nothing to do and even less to lose

さあ、もうここまで来たんじゃないか

ただの時間つぶしも、おまえは時間につぶし返される

さあ、起爆装置に点火する時間だ

することはないし、まして失うものもないだろ

So wander down the ancient hallway, taking the stairs only one at a time

Follow the sound of my heartbeat now,

I'm in the room at the top, you're at the end of the line

Open the door and lay down on the bed

The sun is just a ball of desire

古びた玄関を進み、階段を一段ずつ上る

胸をドキドキさせながら

俺は有頂天、おまえはもう限界

ドアを開けて、ベッドに横にする

太陽はまさに欲望の塊だ

And I wanna take you out of the frying pan (and into the fire)

Out of the frying pan (and into the fire)

And into the fire, fire, fire!

おまえを小難から救い出し(大難に陥らせ)てやる

小難から(大難へ)

大難へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FIRE | トップ | 習慣 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL