hdの雑記

趣味や気になったことなど

6章

2017-07-10 | FE覚醒
ついさっき記事書いた後、何気なくやったら奇跡的にクリア出来てしまいました。
ですがスミアの力が全然伸びなかったので、このまま進むかどうか悩んでます。



《6章 未来を知る者》

ここに来るまでにキラマスで攻撃力の高い弓をゲットしていないと詰んでました。
ヴィオールがダブル補正込みでダークマージやソシアルナイトを確殺できるくらいのステがあればokですが、それだと神成長連発しないと無理。
このマップの作戦は3方向に部隊を分散させて迎撃するか、中央で壁を作って敵を詰まらせるかの2つでやってました。
前者はフレデリクに経験値を取られてしまいますが、後者はダークマージ1体くらいで済みます。
クリアしたのは壁を作る作戦。
この作戦でやる場合、いかに速く敵を詰まらせられるかが重要になってきます。
ある程度詰まらせると、すり抜け持ちの敵も待機場所がない関係で1ターンは足止めすることができるようになります。
1ターン毎に1~2体ずつ、すり抜け持ちの敵に壁を通過させて釣れるような状況を作れれば理想です。
壁役候補はフレデリク・クロム・ヴィオール・マイユニ。


進撃準備での配置はこんな感じでやってました。↓





スキル吟味について書きます。
まずはここの戦士。


聖盾+を付けてたらリセット。
1ターン目でこの戦士をヴィオール+ロンクーで仕留め(足りない場合はマイユニで削ってから)、その場所にフレデリクを待機させる。
その際、近場の盗賊がカウンター持ちだったら武器を外した状態で待機させ、そうでない場合は手槍を装備して待機させる。
それと左側近場の戦士はカウンターと大盾+を両立していた場合のみリセット。


近場の盗賊。


月光+・すり抜けのどれか1つでも付いてたらリセット。
この盗賊をフレデリクに隣接させた状態で詰まらせることが必須になる。
フレデリク+カラムならノーダメです。


近場のダークマージ。


月光+が付いてたらリセット。
ダークマージはすり抜けてこさせて処理した方が後々楽だったりしますが、
カウンターや盾があると厄介なのは変わらないのでとりあえずは危険な月光+だけ外す。


右下にいるソシアルナイト×2。


こいつらがすり抜けを付けてたらリセット。
それと、両方とも月光+付けてたらリセット。
左下のソシアル×2は後続の方がカウンター付けてたらリセット推奨。
カウンターと大盾+を両立してたらほぼ攻略不能になるのでリセット。




条件を満たしたパターンを引けたら戦闘開始。
右側から攻めて来る敵は、フレデリクの待機場所の真上か左上に壁役を配置するようにして塞ぎます。





1ターン目。
↑で書いたように戦士を倒しフレデリクを待機させるとこから始めます。
次にクロムを右側から攻めて来る戦士の最大射程に待機させておく。(カウンター持ちだったらキルソード装備)
マイユニがフリーならクロムに隣接させてスキル補正を掛けておくと生存率が高まります。
右側部隊はダブルを有効活用して左側へ移動させる。
敵フェイズでクロムが戦士を無事倒せたら最初の難関は突破。

2ターン目。
フレデリクにカラムをダブルさせる。
クロムでガイアに会話し、そのままガイアにダブルさせる。
ヴィオール+ロンクーで左側から来てるダークマージを壁越しに攻撃して倒す。
倒しきれなかった場合はクロムで仕留めて、レスキューで救出する。
敵の攻撃範囲に気を付けて配置してターンエンド。
敵フェイズで右側から来るダークマージをヴィオールが迎撃で倒せればベスト。
右側から来る敵はまずマルスを攻撃するので、このターンはなんとか凌げます。

3ターン目。
左側から来るソシアルナイトの対処が大事。
基本はクロム(レイピア装備)で2体とも敵フェイズに迎撃して倒す。
後続の射程内で、かつ1体目の進路を妨害する位置で待機。
1体目がカウンター付けてたらヴィオールかマイユニで壁越しに攻撃して削っておく。
2体目のソシアルがカウンター付けてたらキルソで運ゲーをするか、もったいないですがレスキューを使って救出する。
フレデリクと共に壁張るのはヴィオールか武器を外したクロムかマイユニが適任。
すり抜け持ちの移動範囲に注意しつつ、可能なら移動先にユニットを配置するようにして待機場所を潰して詰まらせると有利になったりします。
このターンを乗り切れば前半の山場は超えたといったところ。
4ターン目からはすり抜けてくる奴を慎重に処理していきます。
上手く詰まらせるとこんな感じになります↓


すり抜けのない敵が残ってる訳ですが、改めて見ると少ない…

4ターン目からファウダーが動き始めます。
移動ルートは右側上を目指し、そこからエメリナへ向かっていきます。
7ターン目くらいでこちらを射程内に捉えるので、それまでにすり抜け持ちの対処をしておかないと厳しいことになります。
ファウダーは復讐と低確率ながら必殺が怖いです。
必殺に関してはマイユニのスキル"方陣"で対処可能。
この章でファウダー戦の前にヴィオールの速さが上ってなかったら恐らく詰んでました。


できればヴィオールで受けさせてから、次ターンで反撃される前に安全に仕留めたかったのですが、
すり抜け持ちの処理に手間取っていたので受けはスミアにやらせました。
復讐発動された場合、当たれば即死なのでヒヤヒヤしてました。
ファウダー倒したらもうクリアしたようなものなので、後はレベリングです。

マリアベルが弱いので、杖振ってレベリングしてました。
最低でも物理攻撃1発は耐えられるようにしとかないとこの先厳しいんですよね~




とまぁこんな感じでクリアです。
すり抜け持ちが月光+を持ってると、いかにフレデリクといえども簡単に沈むので油断なりません。
スミア以外は良い成長だったんですが、粘ってスミアの良成長を吟味するか悩む…
ぶっちゃけ再度クリアするのは困難だと思われるので、このまま進めてそっちでHP・力・守備を吟味したほうがいい気がしています。


次の7章は数か所のドラゴンナイトからカウンターを外さないと無理ゲーなのでまた憂鬱。
たしかルナ+だと5ターン目の敵フェイズに増援が沸いて即行動してくるので、それまでに中央付近を制圧しないとカウンター自爆特攻の餌食になる。
ここも5章と同様にキルソないと突破が難しいと思われます。
6章でマリアベルを育てたことでHPミリ残しでドラゴンナイトの攻撃に耐えられるようになったので、ヤバいときは囮になってもらうとしよう。
この章はパターン化しやすく、5~6章よりも楽なのでスミアの成長吟味をしようかと思ってます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6章で詰まり中 | トップ | 7章~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。