アロマテラピーなら四街道 アロマテラピーサロン ベティベリア

癒しを通して、クライアントさんからよく質問されること
日々私が感じること、私の趣味などを紹介していきます。

瞑想のやり方

2017-03-20 22:33:36 | 瞑想

瞑想のやり方がよくわからない。うまく瞑想できていない感じがする。という問いを投げかけられることがあります。

瞑想といっても色々なやり方があるし、人それぞれ感覚も感じ方も違うと思うんですよね。

私がクライアントさんからよく聞くのは、無になろうと思っても、雑念をなくそうと思っても・・・という言葉です。確かに始めたばかりの時はそうしようと思って今私は瞑想しようとここに目をつぶって座っている。という感覚のほうが実際は強くなってしまっているかと思います。

瞑想は集中力が必要です。かといって力んで疲れてしまってはダメなので、頑張りすぎるのは間違いかと思います。リラックスは必要です。

私が初心者にお勧めするのは、暗い場所ではなく明るい日が出ている昼間のほうがいいかなと個人的には感じます。 日の出ているぽかぽか陽気のお昼寝ってサイコーじゃないですか(^^)?あの感覚で瞑想するのです。

日の光を浴びながら目をつぶってみてください。目をつぶってても明るいですよね?それでイメージに入りやすくなると思います。

実際も光を浴びているのですが、さらに真っ白い光に包まれているイメージをするんです。暖かい光が肌を温める感覚を感じてください。

さらにエネルギーが体の中に入ってきて全身を活性させていく様子を感じ取ります。 これって相当な集中力ですよね♪ 皮膚の感覚に全神経を集中させる。でもリラックスしながら温かさを楽しむ。じわーと暖かくなっていく体を感じ取る。気持ちよくてすごくリックス出来ます。

そうやって行っていくと集中しながらリラックスする感覚がつかめるんじゃないかな

慣れてきて脳波がアルファー波、シーター波になったとき高次元の存在とコンタクトとってみるとなにかメッセージがもらえるかもしれませんよ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年越し | トップ | 深い瞑想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む