サクランボ と 蜂の巣

2017-05-29 | フランス田舎三昧
<

先週金曜日から一月の間 陽 の上がっている間は飲み物や食べ物をとらないというラマダンが始まった、
カフェはいらないというハミドも昼過ぎには疲れたようで早々に引きあげていった。

忙しい時期にサクランボが熟れ始めた、
ハシゴを使わないで一回りするだけで1キロ程採れる、
採りはじめるとそんな忙しさも忘れて結構夢中になれるけれど
友人にあげてもあげても全ては採りきれません。





種を取っている時間などないので一番簡単なラム酒に砂糖を入れ貯蔵することにした、
これでホワイト ラム 1 リットルを使い切ったのです、
果物の少なくなる冬場には甘いリキュール酒と共に重宝するだろうから
楽しみです。







今年のアーモンドは大粒です。

なんとまたもや蜂に刺されてしまいました、今回は腕、
ブーンと飛んできて刺して逃げていったのです、
すぐに払ったので針も残っていなかったけれどやっぱり腫れました、
同じ場所で刺されたのでそこに行ってみるとピンポン玉の大きさの巣があったのです、
もう三度目は無いはずです






コメント (2)

チュチュの合間に

2017-05-27 | 田舎のガーデン


畑仕事に精をだし指が汚くなっていた割にはチュチュ作りの指は鈍ってはいませんでした。
あとは毎日50回同じことを繰り返し完成させていくしかありません。

自力でこの花の名前を調べようとグーグルに
黄色い花、オレンジ色の花、ユリのような花、これらを入力してみると
見つかりました。
アルストロメリア
ペルーのユリ
という名前だそうです。





去年は横にある樫の木のてっぺんまで這い登り花も咲いていなかった薔薇、
庭師のハミドが身長丈まで切った後にまたグングン伸び始め
見事なピンクの花が咲き始めました。





ピエール ド ロンサール も背丈を半分ほどにしたところよく咲いてくれます。






葉が無惨にも虫食いだらけだけれどいくつかタチアオイの花がひらきました。










コメント (6)

収穫

2017-05-24 | 田舎のガーデン


朝やった水も夕方には乾いてしまう夏日になりました。
今収穫できるものは大蒜とジャガイモ、
サクランボも少し採ってみたがもう数日待たなければより甘くはなりません。
週末から凄い数のチュチュ作りが始まるので大蒜だけでも採ってしまおうと思い30個収穫できました。
今から8月の終わりまで毎日チュチュ作りをしなくてはならない数なので
畑仕事は少しおろそかになりそうです。
大蒜の後に少しでも時間を見つけて何かを植えたいのだけれどね。


コメント (12)

ジャガイモ

2017-05-23 | 田舎のガーデン


ジャガイモが横に広がりすぎてきたので一苗だけ掘ってみました、
種芋はまだ根に付いたまま養分をすっかり吸い取られ無残な姿でしたが
これだけ収穫できました、トータル700g弱。

初めてのジャガイモ栽培は大蒜と同様一番最初に作った苗床だったので
十分な堆肥を入れていなかったはずです、
それでもこれだけ採れたのだからありがたいものです。
大蒜とジャガイモは当分自給できるでしょう。



コメント (10)

薔薇の剪定

2017-05-22 | 田舎のガーデン


薔薇もいつまでも咲いているわけではないので花後の剪定の仕方を見ると
完全に花びらが落ちる前に芽の出そうな枝を残して切る
とあるがそうだとするとほとんど刈り込まなくてはならないのか ? と
疑問なのでやっぱり最後まで残すことにします。





霜で完全に打ちのめされたカラーは花までたくさん付けて復活です。






レッドホットポーカーは去年の7月に引っ越してきた時には姿はなかったのです。





リンドウというよりキキョウののような花があちこちに。



これまた綺麗な紫の花。



コメント (8)