バレエ中継

2016-12-10 | バレエ

今夕の夕焼け

 

パリはバスティーユからの中継でバレエ 白鳥の湖 をシネマで見ました
ヌレエフ版は抜粋で見たことはあるが全幕は初めてでした。
本人がまだ踊っていた80年代頃作られたものなのでプリンスは最初から最後まで出ずっぱりです。
カメラワークが入ることもあり白鳥の群舞の構成がよりよくとらえられて見応えはありました。

主役のオデット オディールは アマンディーヌ アルビッソン
ぼくの好きな繊細な白鳥ではなかったです
こうした大画面で大写しになると表情の作り方も
考えなくてはならなくダンサーにとってはさらに試練があるのでしょう。

プリンスは美貌のバレエ両親のもとに生まれた美貌の持ち主マチュー ガニオ
彼も期待はずれでした
立ち姿も何もかも美しいのだが踊りの締めが決まらない
という致命的とでも言える弱さがありました。

そんな中でも特に光っていたのは二人のオリエンタル勢でした
一人はニュージーランドと日本人ハーフのハナ オニール
彼女はスターオーラが燦々と輝きエトワールも夢ではないでしょう。

もう一人は韓国人のサエ ウン パク
彼女の表情はハナさんより控えめかもしれないけれど
スワンやチャルダッシュ、彼女もほとんど出ずっぱりで
淡々と群舞を引っ張っていく姿には
目を見張るものがありました。

ピレネーの麓のラヴラネという町ではこんなバレエやオペラの中継が毎月一回ほどあるのです、
次回のバレエはやはりパリからバランシンの真夏の夜の夢です。

80年代にガルニエでエトワールとして踊っていたマリー クロード ピエトロガラ が
ここにやってきます
色々調べてみるともう古典は踊っていなくぼくの好きではないモダンダンスに傾倒しているようで残念ながら行くことはないでしょう。

Lavelanet のシネマ から出て車の温度計は0度C 家に帰り着く頃には10、5度C

やはり ピレネーの麓は寒いのです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« フルーツケーキ | トップ | 歓迎パーティー »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fran9923)
2016-12-10 10:57:30
こんにちは。
中継で見られるのですね。
昔はバレエの公演を観に行ったこともよくありましたが、最近は全然です。
実際の舞台では、独特の空間と空気感、トウシューズのトコトコという音がとても新鮮で楽しめました。
ハナ・オニール検索しました。素敵なバレリーナですね。日本人とのハーフというのも嬉しい。
これからのバレエが楽しみになりました。
Unknown (Yoshi)
2016-12-10 17:05:28
franさん
これは日本でも中継されて見られます、今は全世界で見られるのではないですか。
オペラ座のダンサーは固いシューズが禁止されているのかほかのバレエ団に比べると音は小さかったです。
ハナさんは日本育ちだから日本語も日本の心も持った人です。
Unknown (Mariko)
2016-12-11 08:11:25
そんな素敵なバレーが観られる。いいな~。
ここスコットランドの田舎と違う。ここはせいぜい
バグパイプだものね~。
Unknown (Yoshi)
2016-12-11 22:09:09
Marikoさん
ロイヤル バレエも時々やっているからスコットランドの田舎町でも見れるかも知れません、
ただ町がカルチャーに力を入れているかどうかですが。
Unknown (青目海)
2016-12-12 10:31:01
カルチャー予算は、日本はほとんどなし・・・どこにいってもぬいぐるみのキャラクターですよ。
白鳥の湖・・・映画でいいから、一度ちゃんと見てみたいと思いました。
ヌルエフは、日本公演をすぐ近くの席で観ました。クルッと廻るたびに、汗がレースとように彼の周りに音をたてて飛び散り、それもまた美しかったです。席から立ち上がれないほど感動しました。だいぶ経ってから、ボレロを日本の若い女の子が踊りましたが・・・彼女はどうしたかしら・・・これも素晴らしかった。美しい子でした。世の中には、色々な楽しみがありますね。
Unknown (Unknown)
2016-12-12 23:16:43
青目さん
ああしたキャラクター人形が好きというのは子供だけかと思っていたら大人もなんですね、不思議な世界です。
ぼくもヌレエフとシルヴィー ギエムの白鳥の湖を東京で観ました。
ボレロはベジャール版だったら東京バレエ団のひとですね。
Unknown (echalotelle)
2016-12-13 00:39:23
きれいな夕焼けですね♪
小さな町の映画館にバレエの中継を見に行く・・・
もうそれだけで映画になりそうな光景が浮かんできます。(*‘∀‘)
オペラ座は、よくその前までは行くことがありますが
中に入ったことはまだないのです。
先日、ルポルタージュ番組の一部だったか、オペラ座の衣装部の様子を映していました。華やかな舞台を支える人たち、ダンサーたちの地道な練習・・・観客の拍手が聞こえてくるときには、ほんとにみなさん、嬉しいでしょうね。
2000年に公開されたばかりの「Billy Elliot」をモンペリエの古くて小さい映画館で見ました。踊る喜びが伝わってくるいい映画でした。(*‘∀‘)
Unknown (fleur de sel)
2016-12-13 01:28:44
知識あまりありませんが私もクラッシックバレーのほうが好きです。長女も足を痛めたときコンタンポランにと言われバレーやめました。フランスDanse avec les starsというテレビ番組 私はラジオばかりであまりテレビ見ないのですがこの番組時々見ます。マリー クロード ピエトロガラは審査官の一人で彼女の話を聞くととても好感を持てる人柄だと好感持っています。先週はコンタンポラン生徒と踊ったのですがやはりオーラがあるなと思いました。
Unknown (Yoshi)
2016-12-13 02:48:16
echalotelleさん
ここのところ天気が良く毎夕夕焼けが見られます
お月様もきれいに出てきました。
よく注意をしていると小さなバレエ団も他の町にやってくるようです。
オペラ座はちょっとした別世界で
競争が激しいしダンサーも大変なはずです。
ビリー エリオットはずですミュージカルにもなっているんですね。
Unknown (Yoshi)
2016-12-13 02:49:28
fleur de selさん
舞台の上を這いずりまわったりするモダンダンスが特に好きではありません。
マリー クロード ピエトロガラが現役の頃は彼女のクラッシックとても良かったのです、
でもクラッシック バレエはある程度歳をとると出来るものではないですから彼女がダンスの世界で活躍している事だけで嬉しいです。
未だに綺麗な彼女です。

コメントを投稿

バレエ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事