帽子

2017-08-10 | Sewing


チュチュ作りが終わったと同時に夏も終わった様な涼しさです、
でも少しづつ日中は暑くなってきているかも。

前から頼まれていたピルケース状の帽子ができました、
日暮里の繊維街で買ってきたインド製の平織りコットンです、
確か500円だったと思う50センチの端切れで3個できました、
3個目は柄が合っていません。

もっとカラフルな柄もあったので次は自分様に作ってみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« あと少し自給 | トップ | 秋に向かう頃 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fran9923)
2017-08-11 08:27:57
まあ!!!!
こんな布でこんな素晴らしいおしゃれな帽子が作れるとは!!
さすがYoshiさん!
何でも作れるのですね。
もしかしたら繊維街は宝庫??
近くなので、ちょっと嬉しい。
Unknown (青目海)
2017-08-11 11:39:32
これはYoshiさんにもお似合い・・・という感じですね。涼しそうな生地ですね。
繊維街は、一度行ってみたいものだと常々思って入るのですが・・・押し入れに山積みの生地を見ると・・・いかん、いかん・・・と、もうひとりの自分の声が・・・なにも作らないので、溜るばかりなのです。私に作れるものはなんだろう・・・型紙も買ったのに、ひらいてもいないのです。
ミニトマト・・・細長いのは甘すぎてソースに向かないと思いました。この丸いのがサラダにもソースにもいいようです。冷凍庫にトマトソースが七袋・・・これまた消費が追いつきません。いろいろ気持ちが忙しいことです。
お仕事終わったのですね。こちらまでホッとしました。
Unknown (yoshi)
2017-08-11 19:41:08

franさん
あの繊維街は毎日行っても飽きません、
夏の暑い時は店に入って涼むこともできるのですね。
デパートなどに行くと何もかも高くて
こうした材料を買ったほうがたのしみもできます。
Unknown (yoshi )
2017-08-11 19:41:48
青目さん
四角いクッションを作って気分転換すればだんだんと意欲が湧いてくるかもしれません。
この辺りはパリまでいかないといい生地が見つからないので日暮里はありがたいです。

うちのミニトマトは酸味が強いのです、
甘いものだと期待していたけれど残念、
採るのも面倒なので来年はよそうかと思っています、
冷凍だったら冬に重宝するはずです。
Unknown (Mchappykun2)
2017-08-12 03:22:28
チュチュ作り、お疲れ様でした。
私好みの色と柄です。これとよく似たトップを持っています。
Unknown (Yoshi)
2017-08-12 17:12:55
Machappykun
ようやく終わり一段落しています、今思えばそれほど苦ではなかったような。

こんな柄のジャケットは何処かアクセントになっていい感じです。

コメントを投稿

Sewing」カテゴリの最新記事