りんご祭り

2016-10-16 | フランス田舎三昧

我が家のリンゴも甘くシャキシャキして旨いのだがピレネーの麓の村でとれるリンゴはまた違った甘さで美味しいのです。

10月の半ば頃は毎年リンゴ祭りが開かれ冬になる前の一大イヴェントです。

3キロと5キロ入りで去年より値上がりしているようだ

ちなみに3キロ入りが4ユーロ,5キロが7ユーロ

日本のリンゴのように馬鹿でかくなく小粒で不揃いだが味は抜群です。

フジやガラはどこでも買えるのでこんかいはクリムゾンというリンゴを買いました。

 

 

近くに寄ると甘い香りが漂ってくるのです。

 

今年の飾り物は蒸気船と雄牛。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夏のあの日はいづこ | トップ | 紅 と 蒼 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (青目海)
2016-10-16 22:44:07
焼き菓子に使えそうな林檎がありますね。日本は酸っぱい林檎が手に入りにくくなりました。焼き林檎・・・おいしいのになぁ。林檎は香りますね・・・私も青森でおいしい林檎を食べました。瓶のものはお酒かしら、ジュースかしら・・・きれいですね。
Unknown (Yoshi)
2016-10-17 00:49:32
青目さん
いわゆるクッキングアップルというものは特別名前がついて売っていないけれどタルト タタンに使うリンゴはなんなんでしょうね。
あれはやっぱり酸っぱいりんごでなくてはなりません。
りんごジュースが売っていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む