夏のあの日はいづこ

2016-10-15 | 田舎のガーデン

ここのところ朝晩が急に寒くなり前日の雨から朝は一面霧に変わっていた

 

東の空が明るくなり始め今日は暖かくなるという

そうこうしているうちに24度cにも上がり

爽やかな秋が戻ってきました

 

 

週二回やってくるガーデナーは垣根を整えたり枯れた木を切り

鬱蒼とした庭がすっきりしてきました

 

モロッコ人の彼は英語は全く話せずぼくはフランス語が全く話せず

どうにかコミュニケイションを取っているつもりです

いい仕事をしてくれる頼りになる人ですが

同じ言葉を理解し合わないとあまりいい関係とは言えません

フランス語を習いに行かなければなりません。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 植えています、蒔いています | トップ | りんご祭り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mchappykun2)
2016-10-16 03:24:32
美しい風景ですね。こちらではガーデナーというとメキシコ人です。ボスは片言でも英語を喋る人が多いですが、下働きの人は全く英語が通じないことがほとんどです。言葉は大事ですね。でも、難しいです。
Unknown (Yoshi)
2016-10-16 15:07:39
Mchappykun
アメリカで英語が通じないということはイギリスではまずありえないことだと思います。

だからぼくもフランスでフランス語が通じないということは恥だと思っているのですが難しいことです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む