ベスパとロックと猫。

私、ペイジの自由ブログ。

愛車は「ベスパ180ss」です。

ついにブログ開始から四年経ちました。

RP-HTX7の二代目。

2016-12-13 23:28:21 | 音楽
イヤーパッドがダメになって買い替えたパナソニックのヘッドホン、「RP-HTX7」。



このレトロでコロッとしたスタイルが可愛くていいし、音もクセがないのでテレビ視聴には最適。



バンドもピアノ線でシンプルで雰囲気あるし、調整も楽。



締め付けはそんなに強くないけど音漏れもあまり気にならないし、左側から出てるコードも太めでさらに付け根が丈夫なチューブで強化されているので普通の使用では断線することはありません。



耳が入るドームはプラスチックだけど、そのチープ感がこのデザインでは逆に良かったり。



耳を入れるとフィット感が心地いいけど、さすがに4時間ほど着けてると耳が痛くなる…。

耳の上のほうにスピーカー穴の小さい丸いモールドの跡が3つほど付きます。



このスピーカー穴のメッシュに細かいホコリやゴミが溜まってかなり汚くなるので、今回から内側の形状に合わせてちぎったティッシュをセットしてみることにしました。



中にティッシュ敷いても着け心地は変わらないし、音質も特に変化ありません。

これならティッシュが汚れ次第取り替えれば、本体のほうは綺麗な状態が保たれるのでいいかも。



ちなみに、新品と6〜7年使った前のやつとでは音質が若干違います。

伝えにくいですが、使い込んだほうは新品の高域の鋭さが弱まってマイルドになった感じ。

音量を上げても耳が疲れ難くなった印象ですね。

まさにエイジング。



付属品には、2mある太めでしっかりめな延長コードと標準プラグに変換できるアダプター、さらに耳パッドと同じような合皮的な素材でできたヘッドホン収納巾着の3つが付いてきて、特に延長コードは嬉しいです。

本体コードが1.2mあるので、合わせると3m超えます。

コネクターがL字じゃないけど、テレビ用途にはありがたい。



ちなみにスピーカーマグネットにはネオジウム磁石を使ってるらしいです。

送料・税込み3400円にしてはなかなかいい物使ってます。



そんなこいつの欠点はやはり、耳パッドの皮が弱いことでしょうね…。

まぁこれは全てのヘッドホンに言えることですが。

やはり、メーカー純正の交換用パッドを出して欲しいところです。

ある程度以上の高級機種は交換できるようになってるんですが、こういう安いモデルはメーカー修理に出すしかないですからね…。

そうなると新しいの買ったほうが早い。

値段はどうかわかりませんが、もともと3400円だしねぇ。



とにかく、これからこの二代目をまた大事に使っていこうと思います。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こういうのに弱い。 | トップ | こういうのを待ってた。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。