人生ほんとにYABAIYO Ⅱ !!

残り少ない 人生を ゴルフを中心に 友人たちと過ごす 日々の 独り言。 

ピッピッピッの電気ポット!!

2017-08-05 17:26:59 | 日記・エッセイ・コラム
そのメーカーを本格的に知ったのは 約一ヶ月前のBSの深夜通販番組。
家電量販店では 980円で買える スタンド式扇風機が 3万円?・・・・
売り込みの言葉を聴くと・・・・・ 内側と外側で羽の枚数を換え 自然風に近い 揺らぎの風を作るというもの!
一般的にスタンド扇風機の高さを変える方法は、釣竿やアンテナ・・・のように 予め周りの筒に仕込まれた内側の筒の上下によるものが一般的なのだが・・・・ その扇風機は 筒ではなく 約50センチの棒状のアダプターの取り外しにより高さを変える。 棒状の部品は ちょうどコンセントのように 羽根を回す部品と スタンドのベースを繋ぐ。 実にシンプル!!
その時に 聞いた”このメーカーでは 2万円の オーブントースターが売れている” という 言葉。
バイトの同僚 壁○氏が 息子からプレゼントされたという 水を使ったトースターで 美味いトースターが食えている・・・・ と自慢していたやつだ・・・・・ 


その後、 そのメーカーの 電気ポットを見たとき、 ”ピッピッピッ”ときた!!

自分は ティファールの電気ポットを使っているのだが、 ドリップ式のコーヒーを飲むときに どうしてもその電気ポットの注ぎ口では 少量のお湯の調整が出来ない。 そこで 数年前に ステンレス製の 注ぎ口が細いポットを購入。 まず 電気ポットでお湯を沸かし、 沸かしたお湯の一部を コーヒーカップに注ぎ器を暖める。また ステンレスのポットに沸かしたお湯を注ぐ。 熱伝導率の高いステンレス製のポットが熱くなったら 再びお湯を電気ポットに戻し、スイッチオン。 すぐに沸騰するので そのお湯を ステンレスポットに移し セットしたドリップバッグに 熱いお湯を 静かに 静かに (藤岡弘のように!!)注ぐのである。
基本 熱いコーヒーが好きな自分にとっては 定番のルーティーンになっていた。





しかし このメーカー ○ルミューダ製のポットならば 沸かしたお湯は注ぎ口が細いので 移動することなく セットしたカップに注ぐことが出来るのである。

実は そのポットを知ったのは・・・・・・ クレジットカードのポイントカタログ。
その値段は 約1万円 ぐらいであるが・・・・・ いつもなら 消滅するポイントを考慮しながら 現金化して 銀行口座に戻すのであるが
今回ばかりは 即 電気ポットを 注文してしまったのである。  これ・・・い~いっね! 


 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニコニコ幌太郎!! | トップ | 少~し ナーバスに・・・・!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。