シニア女子の日々

ブログ開設から四年以上が経ちました。「気がつけばアラ還!!」から名称変更です。

男女平等がない社会での生きかた

2016-12-10 09:57:00 | 日記
雇用機会均等法なるものが、できてから随分経つが、男女は平等にはなっていない。女性の負担が増えただけかもしれない。

そして、男性は女性より能力が高くありたい的思考はいまだに、根強い。
体力的に男性が有利なこともある。女性中心の世界に入りこむ男性。その逆もありで、比較的、自由度は増していっているようにも思う。

ちょっとした言動で、男性が上から目線で女性を見ていると思うことがある。言っている本人には悪気はない。環境が男のほうが上だとさせているのだと思う。

男性から「どうして、あなたにはできるのですか?」的な発言。基礎があるからだと言ってしまえばそれまでである。特に、芸術系は才能だけでなく基礎は重要である。

私は見た感じより基礎を重んじる。勉強の面ではかなりサボった後悔もある。子ども達には基礎を重んじ、進学率一辺倒の教育は受けさせなかった。文理系と分けること自体が時代遅れだと思ったからである。

少子化でつぶれていく大学もある中、今こそが、シニアの出番と、アラカンで大学院へ飛び込んだ。変わり者と思われても、数十年後は、もっと行く人も増えるだろう。

私の目的は生涯教育ではなく、半分実学も兼ねていた。ただ、研究するだけでは、もったいないと思ったからである。

数年後には国家資格となり、安定も少し期待できるかもしれない。

私の目指した業界は、ネットでは、大変、手間がかかる。ワーキングプアの代名詞のように言われていたりする。こういった情報は、何の世界でも、意欲をなくさせる。

生きていくこと自体が大変で、大変でないことなどない。自分が情報に惑わされないマイペースな人間で良かったと思う。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいていかないで | トップ | 物忘れ »

日記」カテゴリの最新記事