シニア女子の日々

ブログ開設から四年以上が経ちました。「気がつけばアラ還!!」から名称変更です。

使うのが怖いお金

2017-06-22 00:21:25 | 日記
奴は俺の初任給レベルで食べている。
同居人からも、奴が正規雇用なのでアテにされている。

地方での生活は物価が安く、多い収入でなくてもやっていけるらしい。長男の友人の話である。部屋をシェアしながらの数人の共同生活らしい。

今の私の収入は俺の初任給レベルぐらい。ボーナスがないから、もう少し上くらいか。もう一本くらい仕事を入れたいが、家のことをやりたいから名目でダラダラ過ごしている。

年齢が年齢だから、いつ切られるかわからない。自営業みたいなものだから、月によりかなり変動がある。

10年くらい前、夜討ち朝駆け的に家でも仕事をやっていたこともある。友人が50過ぎてから20万稼ぐことは大変なこととつぶやいた。彼女はバツイチ、恵まれた職場で、20万どころじゃない収入だっだろうが。

稼ぐことは大変である。給料日に支払われた額は研修時のままだった。まだ、研修扱いなのかはよくわからない。思ったより少なくてショックだった。

今は収入がそこそこあっても、いつまで働けるかわからない。お金に困っているようには見えないらしいので、簡単にリストラされそうだし、来月以降のことを考えると怖くて使えない。

昨年も最初の三ヶ月間で稼いだお金に助けられた。小心者にもなっているが、働ける時期は限られている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不安のもとは? | トップ | ランドセルに思う »

あわせて読む