水曜日が待ち遠しい!
映画の感想。TVで放映された旧作などを中心に。現在ほぼ休止状態につき更新予定なし。
 



終戦モノの番組もこの時期はハズせません。
しかし、うっかり忘れてて実際見たのは後半過ぎから・・・
ちょうど、小野田少尉が堺雅人さん演じる鈴木と出会って少しずつ警戒を解いていく過程のところでした。この部分は以前、NHKだったかのドキュメンタリー番組で観たことがあります。(もしくはテレビ朝日の「おどろきもものき二十世紀」だったかもしれません)
鈴木さんという政府の使者でもなんでもないただの一般の冒険家(彼は少尉を日本につれて帰ったあとヒマラヤへ雪男探しの旅に出てそのまま遭難死したそうですが)が小野田さんを見つけ、彼の心を解きほぐしたことで日本中を騒がせる一大ニュースへと展開します。もし見つけたのが鈴木さんでなかったらおそらく小野田少尉は今でもあのままあの島で過ごしていただろうともその番組では言ってました。
そのわりに鈴木さんの功績が今まであまり評価されなかったのは疑問なところです。

そして、日本に戻ってきた小野田さんが亡き仲間たちの家族を尋ねに行っていろいろと彼らの話を家族に聞かせるところでドラマは終わります。えっ、もう終わり?これって前後編構成で後編は来週放送するのかな?と思ってテレビ欄を見たらこれでホントに完結したみたいでした。
たしか日本に戻ってからの小野田少尉の苦悩のほうがそれまでのジャングル生活よりもある意味もっと辛かったと思うのですが・・・。日本帰還後、彼が日本という国に失望し、ブラジル移住を決意し、そして今現在、日本の子どもたちに自然の中でいろんな体験をさせる活動を積極的に行っていることなど、その部分を描くのを避けたのはなぜなんでしょう?
う~ん、あのドラマだけ観るとただの美談で終わってしまった感があってどうも納得できない・・・。もともとそういう美談でドラマを作りたかったんならいっそ鈴木さんを主人公にしておけばよかったのに。




コメント ( 8 ) | Trackback ( 4 )



« 日航機事故関... CSチャンネルN... »
 
コメント
 
 
 
TB有難うございました。 (あさぎ)
2005-08-14 18:08:26
水曜日が待ち遠しい!さま

(済みません、お名前が分からないもので)

初めまして。

ウチのブログにTBを有難うございました。

昨日のドラマを見た限りでは、帰還してからの小野田さんの苦悩等は何も分かりませんでした。

TBを読んで、このドラマは中途半端に終わったんだなという事がよく分かりました。



 
 
 
ありがとうございます (vermilion-sands@管理人)
2005-08-15 00:29:22
あさぎさんへ。こちらこそわざわざコメントくださってありがとうございます。

小野田さん、今でも精力的に日本の子供達への教育活動に参加してるそうです。なかなかそういう奉仕活動なんてできることではないので立派な人だなあ、と思います。帰還後に苦労されたみたいですがブラジルに移住するときに素敵な女性と出会えて結婚できたのは幸せだったのかもしれませんね。
 
 
 
Unknown (くま)
2005-08-15 10:56:18
TBありがとうございます。

ドラマでは島での生活に完全に焦点が設定されていましたね。終戦を信じたまま30年、というのは戦争の空しさを訴えるには格好の題材かもしれませんが、もう少しその後のエピソードも描くべきだったのではという点で同感です。
 
 
 
くまさんへ (vermilion-sands@管理人)
2005-08-16 01:37:01
コメントどうもです。前半を見逃してる私がこのドラマの批評をするのもおこがましいのですが、個帰還後の決して表沙汰にならなかった小野田さんがブラジル移住を決意するまでの気持ちをちゃんと描いて欲しかったとおもいます。そしてもうひとりの主人公、鈴木さんの生き様もある意味特異的なものを感じるのでこちらのほうにももっと焦点を当てて欲しかったと思います。

 
 
 
TBありがとうございました (ka_ako)
2005-08-16 06:56:07
はじめまして。トラックバックありがとうございました。

鈴木氏の功績は大きいとka_akoも思いました。個人でここまでの事を思い立って、やってしまったんですよね。何かからの要請があったとかではなく。次はこの鈴木紀夫氏に焦点が行きそうです。(ドラマ化希望?今回のキャストで!)小野田氏の帰国後は大変だったと思いますが、その後の生き方の割り切りの点でもある意味スゴイと思えます。ブラジルへ行かれたのもご自分の判断だと思いますし。ブラジルの方で、外国人で初めての何かの表彰されてましたよね。(うろ覚えですいません)何かを持っている人は、どこで暮らそうが、何かを残せるもの、と思えます。

こちらからもTBお願いいたします。
 
 
 
ka_akoさんへ (vermilion-sands@管理人)
2005-08-16 12:23:23
コメントどうもです。

鈴木さんを演じる堺雅人さん、イメージにすごく合ってたと思います。私も今度は鈴木さん=堺雅人さんで是非ドラマ化希望です!

私も小野田少尉のことについてはそれほど詳しくないですが確かに立派な意思のある人はどこに住んでいても功績を残せるんですね。帰還後も「余生」を生きるのでなく積極的に社会貢献してるところがすごい人だと思います。
 
 
 
はじめまして。 (gumbymam)
2005-08-22 03:21:23
こんばんは。

TBありがとうございました。

そうですよね、ブラジルに移住された写真が映っていましたね。

私は、このドラマを見て初めて小野田さんの事を詳しく知ったのですが、日本に戻られてから戦前から戦後の変化は凄まじいものがあったでしょうね。

どんな思いで日本を感じられた事か・・・。

こちらからもTBをさせてください。
 
 
 
gumbymamさんへ (vermilion-sands@管理人)
2005-08-22 11:26:27
コメント&TBありがとうございます。

私も小野田さん、横井さんが日本に戻ってきた頃は当時小学校低学年だったのでかろうじてリアルタイムで覚えているものの、表面的なことしか認識してませんでした。

小野田さんに限らず、この年代の方たちは戦争のせいで大変な人生を送ってきたんだということを改めて感じました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
小野田少尉 (The Road to Executive)
8月15日が太平洋戦争の終戦記念日ってこともあり、人々の意識が先の大戦や平和祈念へと向かっています。テレビでもその手の話題を扱ったりしていますが、Libraは昨日、実録・小野田少尉 遅すぎた帰還を見ていました。 両親とも生きているうちに帰っているわけで、何が遅
 
 
 
小野田少尉から戦争を考える (胡桃の中)
フジテレビの『実録・小野田少尉 遅すぎた帰還』を見ました。 恥ずかしながら、僕はこの人についてほとんど何も知りませんでした。 横田さんとの区別もつかなかったほどです。 僕自身は1980年代生まれなので、このドラマを見るまでは 小野田さんが帰還した時の様子さえ
 
 
 
見れましたぁ~ (お母んと呼ばれたい女)
あれ?今日13日・・・・・・?と気付いたのも、昨夜8時頃。 に、家に帰って来たん
 
 
 
「特別企画 終戦六十年スペシャルドラマ 実録・小野田少尉 遅すぎた帰還」 (diary)
見ましたか???「特別企画 終戦六十年スペシャルドラマ 実録・小野田少尉 遅すぎた帰還」。私は何気につけて見入ってしまいました。小野田さんと横井さん・・・。横井さんはグァムでしたっけ???どちらも、終戦後随分たってから帰還されて・・・信じられない思いでし