晴れのち曇り、時々パリ

もう、これ以上、黙っていられない! 人が、社会が、日本全体が、壊れかかっている。

「責任回避」と「権力維持」だけに必死な『菅直人』/こんな総理で、日本は本当に破壊される。

2011-03-18 20:26:39 | 政治と社会
『地震災害対策本部』の本部長が、対策上の一番の障害となっているらしい。


自分が記者会見で発表するまでは、他人からは言わせない。
自分が見るまで、作業を始めさせない。
自分が考えついた事を、いきなり発表して、現場に押し付けて混乱させる。
自分がいきなり押し付けた事を、現場が直ぐ対応出来ずに居ると、怒鳴りつける。
自分が考えつけない事は、示唆を受けてもやらせようとしない。

現場をどなる。
実務の脚を引っ張る。
即位即応の対応は全く出来ない。


未曾有の有事に当たって、菅直人がやろうとしている事は。

被災地の混乱を増す事。
救助を遅らせる事。
二次災害をまき散らす事。

挙げ句の果てに、同盟各国から政府機能に疑問をもたれ、日本政府の不信感をあおる。

そして、そんな彼自身の究極の目的は、二つだけ。

『責任の回避』
『権力の維持』


なさけない。。。

居てはならない人間が、居ては良けない時に、居てはならない所に居る。


▶首相、谷垣氏に入閣要請…大連立と同じと拒否(読売見出し)

>菅首相(民主党代表)が東日本巨大地震と東京電力福島第一原子力発電所での事故を受け、自民党の谷垣総裁に原発問題担当相としての入閣を要請していたことが18日、明らかになった。

>谷垣氏への入閣要請は、首相周辺から関係者を通じて自民党幹部に伝えられた

>谷垣氏側は「入閣は大連立と同じで、責任の所在が不明確になるだけだ」として拒否した。
【読売新聞/3月19日(土)3時6分配信】


手に余るから放り投げる。

ただし、自分が「無能力に見えない」様に、責任を押し付ける相手を捜す。
自分の仕事量を減らし、責任は完全に相手に押し付け、救国内閣すらをも装う。

ここは、若者言葉がよく似合う。
「サイッテー!」

そして、断られるや、方向転換。


▶菅首相、19日に小沢氏らと会談=震災対応、挙党態勢確認へ(時事見出し)

>菅直人首相は19日午前、民主党の鳩山由紀夫前首相、小沢一郎元代表、前原誠司前外相を首相官邸に呼び、東日本大震災の被災者支援や福島第1原発事故への対応をめぐり意見を聴く。

>政府の危機管理対応に批判も出る中、党代表経験者と意見交換することで、有効策を探る狙いがある。

>震災発生前は、小沢氏に近い議員らが首相退陣を要求するなど、党内対立が深刻化していた。
>しかし、小沢氏は自身のホームページで「勇気と英知を結集して、この危機を乗り切らなければならない」と表明、首相に協力する姿勢を示唆した。

>会談では、未曽有の危機に対し挙党態勢を構築し、震災対策に全力を挙げる方針を確認する見通しだ。
【時事通信/3月19日(土)0時11分配信】



18日までに、谷垣氏に振られて、翌日には「窮極の敵」とすら会おうとする。

<党員資格>の無い人間と会って、何するの?

聞く耳持たぬ人間が、「党代表経験者と意見交換することで、有効策を探る狙い」って。
もの凄く「自分勝手」では有りますまいか。

『挙党態勢』を構築って。。。
「震災対策」に全力を挙げる方針を確認って。。。

党内向けの「ポーズ」。
外向けの「ポーズ」。

つい直前に、笹森さんから「小沢氏を登用して挙党態勢を」要望されて、かたくなに拒否したばかりで、何をか言わんや。


何から何まで「パフォーマンス」しかない、この無能な男は、この様な危機に直面してまで、パフォーマンスで乗り切れると思っているらしい。

馬○丸出し。


▶枝野長官会見(5完)首相視察「意義の大きさ高まっている」(産経見出し)

>「まだ確定をしてはいない。これはなかなか、正直言って難しい判断だと私は思っている。まさに、この危機の最高指揮官である総理自らが、被災の現地に訪ねて、その現状をみて、現場の声を少しでも直接うかがうのは大変意義があることだと思っている。一方で、いくらこちらからお願いしても、首相が現地にうかがうということには、一定のエネルギーが受け入れ先にはかかることだ。そのことも状況によっては十分考慮しなければならないと思っている。今、検討をしている」

>「ただ、やはり、震災から1週間を超えてということは、避難所の皆さんが1週間を超えて、避難所における大変不便な不自由な生活をしているという状況の中にある。もちろん、そうした現場の実情や声は、しっかりと首相、官邸にも届いているが、直接見る、直接聞くということの意義の大きさは、非常に高まっているのかなぁと私は思っている」
【産經新聞/3月18日(金)22時49分配信】


一番近い所に居て、枝野自身は「菅直人の迷惑ぶり」が、分かっているらしい。
何でも好いから、邪魔なだけの男が、究極の「邪魔なパフォーマンス」にうつつを抜かすのは、止めて欲しい。

死ななくて良い人まで、死んでしまう。。。

いい加減に、おのれの価値と器とに気が付居て欲しい物だ。
無理なのは承知だが。


▶「会議だけでは解決しない」=民主・輿石氏が苦言-東日本大震災(時事見出し)

>「会議ばかりやっていれば問題が解決するのか」。民主党の輿石東参院議員会長が18日、東日本大震災への対応で執行部が対策本部の会合をほぼ連日開いていることに苦言を呈する場面があった。

>きっかけは、19日からの3連休最終日の21日に対策本部開催が決まったこと。輿石氏はすぐに藤村修幹事長代理に電話し「担当者や党職員の負担にもなる」と撤回を求めた。
 
>慌てた藤村氏はすぐに国会内に輿石氏を訪れて、必要性を説明。輿石氏も最終的に了承したが、議論を重ねるばかりで有効な対策を打ち出せないことへのいら立ちが苦言につながったようだ。
【時事通信/3月18日(金)21時18分配信】



鳩の居ない『鳩首会談』。
まるで、お笑いの世界だ。

ナポレオンが、欧州全域の国境を潰した後に失脚した。
各国の支配者達は、国境回復をどうするか、ウイーンで会議に臨んだ。

各国旧王家は、失った王冠を取り戻し、旧来の国境を取り戻したかった。
ナポレオンのお陰で、新たに出来上がった秩序を維持したい側は、旧体制に戻る事を拒んだ。

連日連夜、会議の連続。
誰も彼もが、自分の利益のみを主張した挙げ句に、何も決まらない。

その間「敗戦国フランス」の全権大使『タレイラン』は、連夜宴を催し、全欧が羨ましがっていた「フランスの宮廷料理」をふんだんに振る舞って、ダンスに明け暮れる夜会を繰り広げる事で、会議の進行を遅らせる。

フランスの、失った国境線を、少しでも取り返したくて、会議をフランス有利に引っ張ろうとした。

ヨーロッパ中が、会議本来の意味を忘れて、社交に明け暮れ、快楽を酔いしれて、フランスの不利益がだんだんと姿を消しつつあった。

『会議は踊る、されど進まず』

それを知ったナポレオンは、流刑地『エルバ島』を脱出する。



会議の連続で、困難が解決出来たためしは無い。
結局は、会議をする事で「自己満足」しているに過ぎないことに、気がつかない。

その間に、事態はドンドン酷くなる。



▶首相「安心して生活できる環境をつくる」(産経見出し)

>菅直人首相は18日夜、首相官邸で東日本大震災発生から1週間を迎えての国民向けメッセージで、被災者支援について「今後、安心して生活できる環境を全力を挙げて準備している」と述べた。

>さらに「各地の自治体や団体などから被災者を受け入れてもいいという申し出を受けている。できるだけ避難生活が長期間にわたらないように、各地の皆様に受け入れていただけるよう政府として全力をあげて進めていきたい」と強調した。
【産經新聞/3月18日(金)21時2分配信】


しかし、この総理ほど「言葉の軽い」人は居ないのではなかろうか。

言うだけ。


何でも良い。
とにかく、しゃべる。

何か、耳に心地良さそうな事を、ぶち上げる。
こめかみに、血管を浮き出させる様にしながら。
口角泡を飛ばせながら。

自分の言葉に酔いながら。

しかし、胸中は不安で溢れかえり、目は定まらないまま。
言葉は詰まり、引っかかる。

とにかく、何をしてでも、総理の座は失いたくない。
その為ならば、悪魔に魂を売っても良い。


そんな表情が有りありと見える。

なんて、小さく、醜悪で、下品な「そうりだいじん」なのだろう。
なんて、卑怯で、ズルくて、悪どい「しゅしょう」なのだろう。


そんな総理を、「最高権力者」に頂きつつ、東北地方は、今日『悲劇の襲来』から一週間を迎えた。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「先ず原発有りき」から始め... | トップ | 怒りを込めて『週末一口時評... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
火事場泥棒内閣 (scotti)
2011-03-19 08:26:30
未曽有の国家危機に瀕して、2か月前に辞任した仙ダニ復活させるとは火事場泥棒内閣です。
沈没寸前のスッカラ菅政権に泥縄自民党が相乗りするのでしょうか?(笑)
スッカラ菅では、国民は最大不幸社会へ一直線です。
来週、菅政権はハゲタカと抱擁する可能性も高いです。
みずほのシステム障害も気になります。
我が言葉に酔いしれる!? (りゅう)
2011-03-19 14:37:27
日本人の気質で、他国の方と比較し、最も違いがあり、美しいと思われるのは『奥ゆかしさ』だと思っていました。
現在我が国の首相と呼ばれている人は、いったいどちらでお育ちになったのでしょうか!?
どなたかが仰いました。
『誰か物理的に引きずり降ろしてくれ!!』
…全く同感です。
国会議員なら簡単 (通りがけ)
2011-03-19 18:33:41
衆院本会議を緊急に開いて内閣不信任決議案を成立させれば簡単でしょ、総理交代。
なぜやらないのかね?
再掲 (通りがけ)
2011-03-19 21:14:30
即時内閣交代救国内閣を組織せよ (通りがけ)
2011-03-17 23:57:27
衆議院所属国会議員はただちに震災復興対策緊急臨時国会開催を政府に請求し、本会議開会最初の動議で菅内閣不信任決議案を可決せよ。
首相は解散権を行使できないから即時総辞職するしかない。
国会はその場で次期首相選出選挙を行い救国内閣を迅速に組織して一致団結して国難解決に当たれ。
(@_@) (セフィ)
2011-03-20 02:25:36
お久しぶり。

菅直人で 日本破壊完成 となりそうな雲行きです。

ところで 私が来なくて 淋しかったでしょ
scotti様。 (時々パリ)
2011-03-20 06:22:10
コメントありがとう御座いました。
元々<泥棒猫>政権ですからね。
大震災も「小沢のせい」と怒鳴ってるに違いない。
悪魔だろうと、えんま様だろうと、政権延命の為なら、「知りからキモを抜かれても」手を握るに違い有りません。
誰かの表現ですが『物理的に引きずり下ろす』必要が有ります。
りゅう様。 (時々パリ)
2011-03-20 06:28:16
コメントありがとう御座いました。
「一切陽の当たらない闇の地獄の底」から迷い出て来た魔物のごとき存在ですかねえ。
共食いする餓鬼どもの中で、お育ちになったに違いないです。
通りがけ様。 (時々パリ)
2011-03-20 06:31:20
コメントありがとう御座いました。
簡単には行かないと思います。
「このような大災害の最中に総理交代なんて」と言い出すに決まってます。
政治家もマスコミも国民も。
そう言う国です。
セフィさま。 (時々パリ)
2011-03-20 06:33:44
おやまあ、お久しぶりですこと。
それにしても、のっけから(@_@)ですか(^^)
ご活躍の様子は、岩下様の所で、お見受け致して居りましたよ。
義を見てせざるは勇無きなり (通りがけ)
2011-03-20 07:31:41
>「このような大災害の最中に総理交代なんて」と言い出すに決まってます。

いや不信任案可決すれば国民は「このような大災害の最中に解散総選挙なんて」と言い出すに決まってます。総理が解散権を持っていても使えない。不信任案可決と同時に総辞職する以外道が無く、可決後決断せずぐずぐずしていればこんどこそ国会は国民から完全に見離されて無政府状態となるでしょう。国会は菅など無視して緊急決議でその場で新首相選出するしか選択肢はないのです。

義を見てせざるは勇なきなり。国会を開いたところで放射能汚染があるわけでもないのに、国会議員は人の心を持っているのか。

ハイパーレスキュー隊員の会見を見て胸が詰まって涙が止まりません。
今こそ“ガン内閣”打倒の好機 (怒髪天を指す隠居)
2011-03-20 15:08:18
【平成維新の“志士”の決起をうながす】

[倒閣]にはまたとない“好機”だったと思われるのに,昨日(19日)東京で行われる予定だった[10,000人]デモが中止されたという。なぜデモを実施しなかったのか。理解に苦しむ。

・このような機会は二度と訪れないかもしれないのだ。リーダーには今が“戦国乱世”であり,無能な男が政権にしがみついているという認識はないのだろうか。

・今なら,マスコミも外国メディアも無視するわけにはいかないのだ。

・下記,経団連会長またアメリカのクリントン国務長官の発言は,遠回しな“カン下ろし”の発言と受け取れなくもないが,暗に政権内部からの“決起(クーデター)”を促しているように思われるのだ。

・驚いたことに3月26日付『週刊現代』には長年官邸からの官房機密費で飼育された[電波]芸者の三宅久之と田崎史郎が“カン下ろし”の記事を載せていた。

・これはお座敷のかからなくなった彼らの,さらなる“お手当て”の要求か。それとも,総理交代を感知して,以後お座敷がかからなくなることに対する最後の断末魔の“あがき”か。

◆今回の本当に類を見ない“大災害(国難)”に対して行政が後手後手に回り,カン総理を始めパフォーマンスのみ。まったく“無能”で,国の内外からもそのことを指摘する“カン下ろし”の声が聞こえ始めたようだ。

・災害発生から既に一週間が過ぎたのに,被災地に十分な救援物資が届かず,せっかく助かった命なのに避難所で死亡者が続出という。

・そういったことを聞くにつけ,本当に心が痛む。国民は,いったいどのようにして自らの身を守ればよいのか。

@『政治は強力なリーダーシップを』
・米倉経団連会長,強力なコントロールタワーが欠けていると苦言。
http://scosv.sankei.co.jp/docomo/snews/topics/eq2011/110316/biz11031610510018_1.html

・ニューヨークタイムズも,
@『混乱の原因は総理の“指導力”の欠如』と指摘。
http://blog.goo.ne.jp/capitarup0123/e/44279f04cccc80e8d4d250affbed12d0?guid=ON

◆年間一人あたり[一億]もの巨額な歳費(ギャラ)を投じている国会議員,また高額の禄を食(ハ)んでいる官僚の姿がまったく見えて来ない。

・私たちは,こんな無能な連中に高額の“ギャラ”を払って日本丸の舵取りを委(ユダ)ねていたのか。

カン総理,またカン内閣の閣僚にはこういう非常時に,上に立って組織を的確に運営(マネージメント)出来る人間は“皆無”のようだ。

・彼らが今一番やらなければならないことは,

(1)全ての[情報]の開示と,
(2)被災地の人々に対する,生きていてよかったと思わせるような手厚い[保護],そして,
(3)一日も早い[退陣]だ。

・後のことは心配しなくてもよい。小沢一郎,或いは亀井静香を首班とした[“挙国”一致内閣]で国難を乗り越えられるのだ。

・今は彼また彼らの存在が,全てのガンとなっている。彼が政権の座にしがみつき,一日でも長く総理の座に居座れば居座るほど事態は深刻になり,混迷の度を増しているのだ。

・一般の国民もそうだが,今回の災害の被災者には特に“閉塞感”がただよい,カン内閣のこれまでの政権運営に対する不満やイライラが募り,その怒りの度合いは福島第一原発同様[臨界点]に達し,いつ爆発してもおかしくないような状況である。

・ここまで来ても,国会議員また自衛隊員の中から“義憤”に駆られて内部クーデターを起こす高杉晋作や三島由紀夫のような平成維新の[志士]が出てこないのが不思議だ。

◆カン・仙谷由人は昨年9月の民主党代表戦で以て不正を働き,カン直人はいまだに[正統性]の担保を得ていない。

・民主党国会議員は,いつまでこのような男に日本の[舵取り]をさせておくのか。

・このような“無能”な男を選んだ[205名]の民主党国会議員のバカ共は一刻も早く“クーデター”でも起こしてガンを総理の座から引きずり下ろし,以後すみやかに地震,また津波の被災の現場に行って全員で被災者に懺悔するがよい。

◆ところで,被災していない地方の公共団体から,今回の事態に対して“情報”がないために対策に苦慮しているという。

@『自治体,対策に苦慮』
http://w.mainichi.jp/eq/news/20110316k0000e040047000c.html

@『関西広域連合,災害派遣で苦慮』
http://w.mainichi.jp/eq/news/20110316k0000m040126000c.html

・ということは,NHKを始めとするメディアが“有効”な情報を流していないということなのだ。

これが日本の[公共]放送,また[新聞]界,そして公務員の実態なのだ。

・しかしながら,これだけネット社会に情報が溢れている時代なのに,彼らはいったいどこから[有効]な情報を得ているのだろうか。

・結局,[情報化]社会は名ばかりで,役人も[情報]難民だということなのだ。

・この状況は,未曽有の事態に及んでも[指示待ち]人間ばかりで,リーダーシップ(指導力)を発揮できる人間が(内閣も含め)国の各所にいないということを“露呈”してしまっている。

・そして,たとえいても,その人間の力をうまく引き出せるような強力な“コントロールタワー(伯楽)”が欠けているということなのだ。

◆残念ながら,日本の明治以来の学校教育は“考える”人間を育てるためのものでなかったために,こういう未曽有の事態が起きた時には,頭の働かない人間ばかりで“お手上げ”なのだ。
・つまるところ,これまでの日本型のシステムは既に“制度”疲労を起こして役に立たないということなのだ。

・我々は阪神淡路大震災の時に“無能”な総理を頂いていたために非常に苦い思いをしている。その時の“学習”はどうなったのか。今回は,その時以上なのだ。

・言葉というものは,人間の心の中(認識)が表に現れたものである。
・したがって,各人の言葉を検証してみれば,当人がその時どのように認識していたかが判るのだ。日本語というのは,そのような厳密な言語なのだ。
・しかしながら,下の村山富市の言葉(発言)を見ると,大変虚しくなる。

@『村山富市と阪神淡路大震災』
http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-nttr_docomo-jp&guid=on&output=xhtml1_0&u=http%3A%2F%2Fwww.tamanegiya.com/hannsinnawajidaigyakusatu.html&wsi=d269f59ecfd4b934&ei=6wSBTcyWM8yHkAWC3el1&wsc=tb&ct=pg1&whp=30
通りがけ様。 (時々パリ)
2011-03-20 22:42:17
再コメ、ありがとう御座いました。
私も、あの会見には涙が出ました。
「死地に赴けと言うなら、首相自ら先頭に立つべき」と言う声が自衛隊内部に有る、と言う状況が、納得出来ます。
怒髪天を指す隠居様。 (時々パリ)
2011-03-20 22:52:57
初めまして。
コメントありがとう御座いました。
私も、19日のデモは楽しみにしていたのですが。
交通状況の困難さや、色々な要素が有ったのでしょう。
落ち着いたら即刻にも行われる事を多いに期待しています。
『経団連』には何も言われたくない。
売国の徒である彼等は、偉そうな事を言う資格なんぞ毛筋程も有りません。
単なる「シャイロック」の寄り合いです。
>日本の明治以来の学校教育は“考える”人間を育てるためのものでなかった
この事は、私自身、拙ブログでも折り有る毎に繰り返して来ました。
まさしく、「大人しい羊」以上でも以下でもない人間だけが、送り出されて来ました。
何事も、「ガイアツ」が無ければ何も出来ない。
私も、蓮舫議員宛に昨日ツイートしたばかりです。
【@renho_sha 及び205名の議員諸君。本当に「菅直人首相」で良いんだ、と思っているのですか?<日本の復興>を、あんな男に委ねさせられている国民の気持ちを忖度した事が有りますか? 無計画な気まぐれの挙げ句に、自衛隊に最後の尻拭いをさせる。自衛隊内部からすら不満出ている。】
人の魂 (通りがけ)
2011-03-21 00:33:35
誰が何の権利があって生命を決して仕損じることなく正確に滅ぼす放射線があふれる死地に行けという命令を出せるのか。ヒトラーの民族浄化命令をしのぐ人間最大最悪の犯罪である。

死の放射能に被曝したハイパーレスキュー隊員の会見を見て胸が詰まった。

唇を震わせ隊員が流した涙に対し隊長の言葉は軽きに失した。

前途ある若者の隊員を帰らせて死地から遠ざけるために得がたい熟練のベテラン隊員が自らの生命と余生を捨てたのである。
その苦い杯を飲み干すことを誰が彼らに強制する権利があったのか。誰にもそのような権利は無い。人一人の命の重さは自分のただひとつの命の重さとまったく同じなのであるから。

なぜクレーンや遠隔操縦ヘリを使って無人でホースを敷設しないのか。鉛板で重装甲した戦車を投入して使える平地や道を作らないのか。原子炉手前にテトラポットの丘を築きベルトコンベアを重ねるなど、精巧で壊れやすい人間型ロボットよりも単純で堅牢な材料で組むほうが単に放水だけならはるかに簡単かつ安全であるのに。

政府と東電と消防隊自衛隊の擬似軍隊ごっこ上層部は一寸の虫すら五分の魂がある、ましてや万物の霊長人間の生命が宿す魂の大きさは無限大である、ということを腹の底まで肝に銘ずるべきであろう。

人の心、石に非ず。転がすべからず。

人の命をおもちゃの如くにもてあそぶな!
人として生まれて人間と成った魂にとって、死んでも決してやってはいけないことである。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
資料 原発事故 16 正常化バイアス (木霊の宿る町)
★菅首相も枝野官房長官もよく 「国民は冷静に」 と説教をたれる。云っていること自体は正しい。オノマも云う。パニックになるな。冷静であれ。しかし目の前に迫り来る危機を見て体も心もすくんで動けなくなっている人が自らは冷静だ、ジタバタする必要はないと思うと悲...
福島第一原発の3・11同時多発事故は複合人災 (逝きし世の面影)
『一番不安を煽っている政府と東電の流言飛語』 この様な時に一般市民の不必要な不安を煽る『流言飛語』は厳に慎まなければならない。 ところが日本で一番人気があり有名なプロ野球では先頭を切って『放射能汚染』の流言飛語を声高に言い募り『練習試合』を突然中止し....