☆ 緑 の 小 径 ☆ Verda vojeto ☆

エスペラントと野の花と。
Esperanton kaj sovaĝajn florojn.

インターネットを彷徨いながら / Vagante surrete

2016年10月18日 | 日記 / Taglibro
ブログ仲間の記事をウロウロと読み回る時がある。序でにコメントを残すことも。

そして気が付いたことだが、日本ではレストランで食事する時に出て来た料理の写真を撮りたい時、許可を求めるらしいと言うこと。カナダでそんなことをしている人は見たことも無いし、みな勝手に撮る。この辺に何か理由があるのだろうが、許可無くして写真を撮ると裁判沙汰になるとか?信じられないけど。

そしてしょっ中出会す表現で気になるのが「ゲット」この文字に出会うと私が思い出すのは「赤ゲット」。だがこの二語は無関係同士だ。
ゲットは英語の「get」だろうけど日本語で書けば発音は「getto」で、ゲットーに近い。

料理のレシピのサイトでびっくりしたのは「アーモンドプードル」。え?え?プードルって犬でしょ?
と思ったら、これは粉末(poudre)と言うフランス語の日本語読みだった。アーモンドって英語だから、これも一種の「重箱読み」か。

こう言うのは一種の流行なのだろう。私が若い頃に流行った言葉などもう既に死語になっている。
十年後にはどんな風に変わっているだろうか。


Mi ofte vagadas tra blogojn de miaj blogamikoj, kaj fojfoje lasas komentojn tie.

Kaj mi rimarkis, ke oni petas permeson por foti manĝaĵon, kion ili mendis. En Kanado mi neniam vidis tian homon, sed fotas libere. Kial do Japanoj havas tian kutimon? Se iu fotas manĝaĵon de restoracio, povus esti akuzota? Malgraŭ mi ne povas kredi tion.

Ofte mi renkontas vorton "getto", kiu rememorigas min "Aka-getto(red blanket//ruĝa litkovrilo)*". Tiuj du vortoj (get & Getto)tute ne rilatas unu la alian.
(*Aka-getto signifas Privincano en ĉefurbo kiu vestas ruĝan litkovrilon anstataŭ mantelo. )
Vorto getto estas angla vorto "get' japanlingve skrivita, kaj la prononco tre similas al "Ghetto".

Mi trovas ofte vorton "Aamondo-pudoru (almond-poodle" en recepta paĝo. Ha? Poodle estas hundo, ĉu ne?
sed "Poodle" estas Franca vorto "poudre" pulvoro. (Japane pronoco de "L" kaj "R" estas same "R").
Angla kaj Franca vortoj kombinita vorto. Ĉu tio ankaŭ povas nomi "ĵuubako-jomi*"?
(*Ĵuubako estas obraj manĝkestoj. Du vortoj kombinitaj je nesama prononcmaniero. Se vi volus plu scii, vi devas lerni Japanlingvon profunde.)

Eble tia estas modo. Vortoj kioj estis moda kiam mi estis knabino, ja jam estas mortintaj.
Do, kiel ili ŝanĝos post dek jaroj?


La Espero

En la mondon venis nova sento,
tra la mondo iras forta voko;
per flugiloj de facila vento
nun de loko flugu ĝi al loko.
Ne al glavo sangon soifanta
ĝi la homan tiras familion:
al la mond' eterne militanta
ĝi promesas sanktan harmonion.

Sub la sankta signo de l' espero
kolektiĝas pacaj batalantoj,
kaj rapide kreskas la afero
per laboro de la esperantoj.
Forte staras muroj de miljaroj
inter la popoloj dividitaj;
sed dissaltos la obstinaj baroj,
per la sankta amo disbatitaj.

Sur neŭtrala lingva fundamento,
komprenante unu la alian,
la popoloj faros en konsento
unu grandan rondon familian.
Nia diligenta kolegaro
en laboro paca ne laciĝos,
ĝis la bela sonĝo de l' homaro
por eterna ben' efektiviĝos.


Fabeloj de Verda Vojeto

岩手県唐仁の、津波の幼い被害者たちを支持している組織
Education Exchange Communityのホームページ


        
日本の読者のみなさんへ。
日加タイムス
の最新号です。
カナダのニュースや日系人の動きが判るでしょう。
        





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今 朝 は / Ĉi-matene | トップ | カボチャ・ワイン / Kukurba ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本語にない言葉?! (glimi)
2016-10-19 07:40:26
 日本語で表現できない言葉を例えば技術者が使う用語などをカタカナ語にするのはやむを得ないところもありますが、なんでもかんでもカタカナ語にする。若者の間はそれを簡略化あるいは短略化した言葉が使われているらしいです。
 共通語が欲しいですね!
 老若男女の共通語がエスペラントなんでいる日は来ないとは思いますが!

 世代が違うこと言葉も通じない時代は来るかもしれません。
日本と言う独特な文化の中で、 (verdavojeto)
2016-10-19 22:31:59
発生しなかった思想、技術者や専門家にのみ使われる単語など一般人には馴染みの無い語は沢山ありますね。
でも、ゲット(手に入れる)とかアーモンドプードル(粉アーモンド)などは立派な日本語があります。
アーモンドはアルバイトやエネルギーなどと同じ様に既に日本語としての地位を持っていますけど。粉を全てプードルと言っている訳ではないようで、必ず「アーモンドプードル」なのがオカシイのです。私が思うに、多分商品名としてアーモンドプードルが使われているのではないでしょうか。で、レシピを書いた人はそれを使っているからそのまま書いているのだと。
「ネット」も昔はヘアーネットがネットでした。恐らくこれはもう死語でしょう。
「ネット」には「正味」と言う意味もありますが、そんなことは誰も気にもしていない様ですね。
世代の違いで理解出来ない言語の使い方、これはもう40年来耳にして来たものです。「今の若い人達の会話はチンプンカンプン」と言う声は絶えず聴きました。
英語界でもそれはあるでしょうけど、苦情は聞いた事が無いのは、取り敢えず「解る」から? 今の日本の中高生の言葉は「火星語」だと言った人が居ましたが、それほど違った言葉を使いたいならエスペラントでも学ぶ方が後日役立つのに、、とも思います。
Unknown (ゆっきんママ)
2016-11-02 07:32:50
うふふふ

私、若くないけれど「ゲット」も「アーモンドプードル」も使っています!(笑)
疑問に思ったこともなかったけれど「アーモンドプードル」は日本で作られた単語なんですね♪

私も以前は若者たちの言葉がわからず、というか我が子の言葉さえもわからず(笑)、憂いたこともありました。

でも「言語」って時代の流れとともに変化するもの。
たとえば「百人一首」ってありますよね?
大阪を「あふさか」とか言うを「いふ」とか・・・。
これは「カルタ」だからではなく、当時は本当にこういう喋り方だったんだとか。
ゆっくりとしゃべるので、一語一語をちゃんと発音していたそうです。
けれども「時代」の流れとともに、「時間」の流れも速くなり、それに伴って「しゃべり方」も早くなり、「ふ」は「う」になったり、ちっちゃな「っ」が出てきて「ゆつくり」が「ゆっくり」に変化していったとのこと。
昔に「ゆつくり」と言う言葉があったかはわかりませんが、例えばとして挙げた単語です♪
「言葉」は「時代」とともに変化するもの。
それを知ってからは、若者たちが使う「言葉」もどうやって定着していくのかを、客観的にみられるようになりました♪

な~んて、私自身もちゃんとした日本語を使えているか全く自信がないので・・・
言い訳も含めました♪(笑)

今日、「パチランタ」を作る予定です♪
楽しみです♪


Unknown (ゆっきんママ)
2016-11-02 17:00:31
カッテージとレーズンを入れた「パラチンタ」♪
とても美味しかったです♪
炭酸水がいい仕事をしていますね♪
ありがとうございました♪
また色々と教えてください♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。