Lignponto

ある物観の旅の記録

新しい自然学

2017-06-18 15:05:42 | 読書感想文
著者:蔵本由紀

発行所:株式会社筑摩書房

WIRED日本語版vol27の特集記事の本の紹介で、本書について興味を持ったので読みました。

本書は、非線形科学を中心に書かれてあります。

線形は、直線的、非線形は、曲線的と私は、解釈しました。

主に、フラクタル、カオス理論等に触れていました。

また、触媒やデカルト、意識、生命科学にも触れているので、内容は、多岐にわたりますが、数式を使っていません。

今後読んでいく本の一つの基準になると思います。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近藤等則・「夢宙」 | トップ | 作曲の技法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。