ブログで英会話を 16の動詞で英語は話せる

英語ほど簡単なしくみでできあがっていることばはありません。英語がことばとして自然と定着・蓄積していく学習法を公開

(英語)【どうしてBasic Englishなのか? その傾向と対策】8/22

2017-03-21 16:23:18 | 誰も教えなかった英会話学習法



以下の記事は、上の動画の音声と連動しています。クリックしてください。

============================

【どうして日本人は英語が話せない?】

ふと、U-Tubeの「【青山繁晴】英語力を培う勉強とは」という動画を目にしました。内容はともかく、この動画の書き込み欄にあった以下の2つの意見に注目させられました.

(その1)
文 法教育続けるなら続けるで間違った教えをすり込むのはマジやめてほしい。今英語の勉強をやり直しているが間違った意味のすり込みで苦労する事が多々あ る。青山氏の言ってた、何故inなのか?何故atなのか?まさにこれ! ここはatだから暗記しろ。が今の英語教育。その何故がわかったときの達成感、楽 しさを今の若い人に知らせてほしい。

(その2)
文法、大事ですね。でも日本の学校教育で教えている文法は、自分には何の役にも立ちませんでした。おそらく国内で最も難易度の高い国連英検特A級に合格しましたが、「SVCが、品詞が、うんたら構文が」みたいな話をされても「?」ですよ。


ネット社会の到来で、やっと私が何十年かけてきた私の主張に日が当たってきた気がしてきた思いがします。
私の始めての著作は、「話せもしない英語学習に見切りをつけろ」と、センセーショナルな題名の市販本でした。確か1988年に、「翼を下さい」で有名となっていた「一光社」から出版されました。
それと同時期に出版されたのが「コミニカ中学英語基礎編」という教材があります。
 青山氏の言ってた、何故inなのか?何故atなのか?まさにこれ!
私が知る限りでは、1988年頃の英語、英会話の本には、inは「〜の中に」とか、atは「〜に、〜で」と教えていました。もちろん英語教科書でも参考書でもそうでした。
私はこの教材で覚え方はやめようと指摘しています。(同教材中1配当第8級)
英語は方位や空間でものごとをとらえる言語なので、inは「範囲内」atは「一点」と本質的な意味でとらえるべきだと指摘しています
 in Japan, in the room, in June、in summer.etc.
ちなみにatを「一点」としたのは、英英辞書でat a pointとしていたからです。つまりatには面積がない単なる「一点」だと認識してほしかったからです.
at schoolとin a shoolとの違い、at the stationとin the stationとの意味の違いがわかりますか?
============================


giveのフレーズでこれだけ話せる

【解説】
■giveの基本粋な意味は「与える」

giveを説明する前に、getとgiveの比較をしてみよう。
まずgetだが、例えば、ミルクが欲しいので 乳牛から「取る」、「自分のものにする」というのが基本的な意味だ。いわばgetは「欲求、所有欲の充足」と言える。

  I get milk from the cow.
  私は乳牛からミルクを取る

一方逆の意味で使われるのがgiveであり、ミルクをネコに「与える」「やる」というのが基本的な意味だ。つまり自分に有り余っているものを他者に与える、いわば「所有欲の抑制」と言える。

  I give the cat milk.
  私はネコにミルクを与える
  I give milk to the cat.
  私はネコにミルクを与える

そこでgiveに続く名詞は、与える相手は人間か、人間でないとしてもともかく生物となり、与える物は文字どおりなんらかの具体的な物であるのが標準的な文構成となる。
ところが、これにとどまらず相手が無生物であったり、与える物が具体性のないものや動作でもあってもよいことになり、かなり無制限なものとなるが、いずれにとても基本的な意味を身につけていたらさほどむずかしくはないと思う。

日本語訳では、ちょっと「与える」といった意味から離れたものになるが、「はずれる」「ゆずる」「薄らぐ」「くずれる」「やわらぐ」などまったく理解できないといったものではないと思う。

■ give+名詞+to+名詞 について
giveは、自分に有り余っているものを他者に与える、いわば「所有欲の抑制」だということはすでに述べた。
そこで次の2つ文の意味の違いを確認してください。

 (1) I give the cat milk.
   私はネコにミルクを与える
 (2) I give milk to the cat.
   私はネコにミルクを与える

日本語に訳すと同じような意味になったり、学校時代には書き換えをやらされたことを覚えておられる方もおられるだろうと思う。
まず(1)だが、これは「ネコ」は強調されずに「水」などではなく「ミルク」を与えるということになる。
一方(2)のtoを使うと、「ミルク」は強調されず、「イヌ」などではなく、「ネコ」が強調される。
以上、まとめとして「英語の文は最後の単語がnew、つまり新情報、言い換えると最も相手に言いたいことになる」ということを覚えていてほしい。

 (1) I give the cat milk.
      旧情報 新情報
 (2) I give milk to the cat.
      旧情報 新情報

したがって(1)の文型となるのは、次のようにthe catの部分がherやitなど代名詞となる。

 (1) I give her milk.
      旧情報 新情報
 (2) I give it milk.
      旧情報 新情報
---------------------------------
give の動詞フレーズのパターン
 (1) V感覚
 (2) V+O感覚
 (3) V+C感覚
 (4) V+O+O感覚
 (5) V+O+C感覚

V感覚

 (1) give+(副詞)
   He won't give.
   彼は譲ろうとしない

V→O感覚
 (2) give +名詞 (目的語)
   The thermometer gives 33°.
   温度計は33度を示している
  
V→O→O感覚
 (3) give +名詞(目的語)+名詞(目的語)
   I will give you some money.
   あなたにいくらかお金を上げましょう

Two-Word Verbs  
   The engine gave out. 「範囲外」
   車のエンジンが止まってしまった
※ The engine is out. 

○新副教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材(音声付き解説全15時間動画)
すべの動画はU-Tubeの限定公開にて閲覧できます。


オンライン受講の方にはすべての動画を公開としています。


http://trekking1.seesaa.net/category/26331518-1.html

 ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座 受講者募集

○「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=97715971

教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」は以下の教材を購入された方に閲覧していただけます。(音声付き解説全15時間動画)

 ◉ ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞(HTML版)
 ◉ ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ コミニカ中学英語 Aセット
 ◉ コミニカ中学英語団体使用
 ◉ コミニカ中学英語Bセット
 ◉ ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5
 ◉ 英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版
 ◉ ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版


-----日常会話必須基本16動詞編HTML版は以下の3つの教材を含む----------
   日常会話必須基本16動詞編  HTML版サンプル
   日常会話必須基本16動詞編 HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
   サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版
<script type="text/javascript">// </script> <script type="text/javascript" src="http://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/ads.js?20101001"></script>
[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ジャンル:
学習
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (英語)【どうしてBasic Engli... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む