スパゲッティな日々

いわゆる「マカロニウエスタン」に翻弄される日々のことである。

オープンセットを巡る ~ テキサス・ハリウッド(フォート・ブラボー)

2016年09月14日 | Weblog
カルロ・シーミの「テキサス・ハリウッド」からタベルナスに向かって5分ほど車で走ると、荒野の中に見えてくるのが「テキサス・ハリウッド」(フォート・ブラボー)です。

2011年の第一回から「アルメリア・ウエスタン映画祭」は、ずっとこの「フォート・ブラボー」で開催されてきました。

このオープンセットはいつ作られたのかは、よく分かりませんが、「新・夕陽のガンマン」で町の正面にある酒場が登場していたので、おそらく「ミニ・ハリウッド」建立の

すぐ後に作られたのではないかと思います。



「新・夕陽のガンマン」



このセットはとても多くのマカロニウエスタンの町として使われていますが、丁寧に描写された作品のひとつがトニー・アンソニーの「盲目ガンマン」のオープニングです。





「ミニ・ハリウッド」のような極彩色に塗り替えられたりしていないので、当時の雰囲気がたっぷりと楽しめます。

広い敷地の中には、アメリカ西部の町の隣にメキシコの町並みも作られています。



これは、2011年のフェスティバルの際の酒場の前でのスナップ写真ですが、中央にいるサングラスの男性は、かのファビオ・テスティです。



「もしかして初めてお会いするんじゃない?」などと言いながら握手をかわしていたのは、ファビオ・テスティと、昨年亡くなったニコレッタ・マキャベリ嬢です。



この酒場の中がフェスティバルのイベントの主な会場となります。





左端の踊り子さんはとっても可愛かったです。
右端の私↓は、この娘の写真を撮ろうと必死です。(笑



余談ですが、ずいぶん前になりますがベッカムのペプシコーラのCMがありましたが、この酒場と酒場の前の広場でロケされていました。

流れる音楽も「シャイアンのテーマ」みたいで面白いです。



動画はこちら

このキャプチャーシーン、最初に挙げた「盲目ガンマン」の写真と同じです。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オープンセットを巡る ~ ... | トップ | オープンセットを巡る ~ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。