スパゲッティな日々

いわゆる「マカロニウエスタン」に翻弄される日々のことである。

2016 スペイン荒野を行く 9月26,27日

2016年10月17日 | Weblog
今回は、いままでの渡西では一番長い旅行でした。移動を含めて17日間です。

前半の10日間は、個人的なマドリッド周辺の踏査と、後半に合流する日本のガンマン大連合のロケ地案内のための下見に費やしました。

まずは、夜にマドリッドに着いてマドリッドの主要駅アトーチャ駅の近くの民宿に宿泊。

簡易テントと寝袋を持って来ているのですが、そこらで野宿…というワケにはいきません。マドリッドですから。

約3000円を支払って、あらかじめ予約してあった民宿に泊まることにしました。


トイレやシャワーは共同ですよ。でも、スタッフは親切で部屋もきれいでした。

翌朝、民宿から歩いて行けるレンタルバイク屋にて、あらかじめ予約しておいたスクーターを借りました。

一日約3000円くらいです。走行距離は無制限。今回はプジョーの125ccを借りました。



バイクには日頃から慣れ親しんでいるので運転には問題ないのですが、交通法規、特にロータリーに慣れるまでに少し時間がかかりました。

いきなり、マドリッドの中心街からのスタートですからね。交通量がとんでもないのです。

なんとかかんとか中心街から脱出して、南へ35kmほど走って、Sesena(セセーニャ)と言う町に到着。

ここは、かつてマカロニウエスタンのためにオープンセットが作られていたところなのです。

私は、かつて中学生の頃にテレビで見た「十字架の用心棒」のオープニングの比較写真を撮ることに成功しました。



まだまだロケ地は健在だと言うことがよく分かりましたが、ここへ行くには結構な山道を進みます。スクーターのエンジンが壊れそうな音出していましたよ。



ここの踏査を終えて、次に向かったのは「豹・ジャガー」のワンシーンに現れたロケーション。

フランコ・ネロとトニー・ムサンテが自動車にマシンガンを乗せて、軍隊を奇襲するシーンの鉱山です。40km~50km走ったかな?

Carabaña(カラバーニャ)という町の近くです。

しかし、目的の場所が私有地で立ち入り禁止になっており、仕方がないのでカラバーニャの町を見渡せる丘から風景写真を撮って、再び走り始めました。



急ぎ旅ですが、次の28日には、マドリッドの北部(約300キロ北部)で友人と待ち合わせの約束をしていたからなんです。

スペインの田舎道は快適です。ほぼ時速80kmくらいで走っていました。

そして到着したのが、Dagannzo(ダガンツォ)という町の近くに作られたオープンセットの跡。

エウジニオ・マルティン監督、リー・ヴァン・クリーフ、ジーナ・ロロブリジーダ主演の「無頼プロフェッショナル」(Badman's river)のロケ地です。

小高い丘に建てられたオープンセットの遺構が、まだ少し残っているのですよ。

陽が落ちてきたので、ここでキャンプすることにしました。



明日28日には、北に約300キロ走って、正午には到着しないといけないので早々に寝てしまいました。

もちろん、飲んでからですよ。笑






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダン・ヴァン・フッセン氏~... | トップ | 2016 スペイン荒野を行く 9... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワイン (NEKO)
2016-10-19 00:18:33
ああっ!
紙パックのワインが、前の野宿の時と
同じ?!
うわあ~ (Garringo)
2016-10-19 00:57:34
NEKOさん、よく覚えておられましたね!(ビックリ!!!

実は、このワインが大好きなので(安い 1リットル120円くらいかな)いつも旅のお供にしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。