スパゲッティな日々

いわゆる「マカロニウエスタン」に翻弄される日々のことである。

「キングと呼ばれた男」1971 その2

2017年06月15日 | Weblog
ほとんどイタリア・ロケの「キングと呼ばれた男」の中にスペインの荒野が現れるシーンがあるということで、

何かのフィルムの使い回しではないかと思って、いろいろと思い出していたのですが、今日、マカロニ友達と話していて、

何の作品だったか分かりました。

Antonio Margheriti監督の「Joko invoca Dio... e muori」 (1968)の使い回しでした。





久々に「Joko...」を観ましたが、これはカルロ・サヴィーナの音楽もいいし、なかなか面白かったです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「キングと呼ばれた男」1971

2017年06月03日 | Weblog
こんなマイナーな作品が、わが国でDVD発売されるとは夢にも思っていませんでした。

内容はともかく、単純に驚き、感動しています。

私がまだ30代の頃、アメリカのラスベガスの郊外の中古衣料店のカウンターに並べてあった
ベータテープの3倍速収録の特価品の中で見つけて購入し、観たのが最初でした。

音楽は、エンリケス・バカロフの秀作の使い回しで、画面も安っぽく、ほとんど印象に残らない作品でした。

でも、当時からロケ地には異常な興味を持っていたので、僅かながらスペインでロケしていることは覚えていました。

今回、鮮明な映像を改めて観て、99%イタリア・ロケなのに、キングが馬に乗って疾走するシーンのみがスペイン・ロケ

であったことを再確認しました。

昨年、有志で訪れた「復讐のガンマン」の最後の決闘のロケ地のすぐ近くで撮影されていました。

写真を撮った10年ほど前の時点で35年以上経過しているのに、映っているヤシの木があまり成長していないところがミソです。



この写真を撮った場所に立って、180度振り返ればこのシーンになります。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イタリアからCD飛来

2017年05月12日 | Weblog
3枚まとめて発注してあったCDが本日届きましたよ。

「Sentenza di morte」を聞きながら一杯やっております。

Camレーベル時代のLPのデザインと色の使い方が大好きなので、CDのジャケット・デザインは

小ぎれい過ぎてパンチ不足な感があります。





しかし、「Hot Mexico」は何度聞いても名曲だと思います。

さて、次はMario Migliardiの「Prega il Morto...」を聞こうかな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「皆殺し無頼」国内版DVD

2017年05月10日 | Weblog
本当に長い間、待ち続けていました。

「感激」以外の言葉が見つからないです。



当然ですが、今まで見た中で一番画質がいいです。

ロケ地の比較画像を作るのも楽しくて仕方ありません。











開巻、すぐに殺されてしまうアイパッチの細身の男は、「Saturno Cerra」(サトゥルノ・チェラ)さんです。

2011年にアルメリアの映画祭でお会いすることができました。

とってもお茶目な「おじいちゃま」でした。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

アレッサンドローニ氏もお亡くなりになりました…

2017年03月28日 | Weblog
3月26日(日)に、かのアレッサンドロ・アレッサンドローニ氏がお亡くなりになりました。

連日の訃報に、心底参りましたが、氏は92歳でした。
素晴らしい人生を全うされたと思います。

心から拍手をしてお見送りしたいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加