野菜ソムリエPro. AndyのBlog

日本遺産「奈良・吉野」の“アラサー男子野菜ソムリエ”の野菜男子&農ボーイライフをつづっています。

ナント種苗見学会(2)

2017年07月23日 20時32分08秒 | 野菜ソムリエコミュニティ奈良
新品種のトマトでハナシが盛り上がった後は、
カボチャ、半結球レタスなどが植えられたハウス。


出迎えてくれたのは、ぶら下がったカボチャたち~。


「すずなりバタ子さん」(バターナッツの一種)

「こなゆきひめ」(白皮カボチャの一種)

「すずなりかぼちゃん」(坊ちゃんカボチャの一種)など、
実1つ1つに番号がふられていて
1株から何個実っているかも展示されています。





こちらはキュウリ。


コールラビ。


野菜ソムリエの皆さんすっかりおなじみの
生で食べれるカブ「もものすけ」


「炒チャオ」は夏場の暑い時期でも栽培できて、
しかもサラダだけじゃなくて炒め物、煮物でもおいしいレタスです。


こちらはほうれん草。


アマランサス。

そしてお楽しみの一つ、「試食」♪


白いスイカ「クールチャージ潤」

ボクはこのスイカ、
「アスリートフードスイカ」だと思ってます(笑)


農林水産大臣賞受賞のスイカ「羅皇」


メロン「マリアージュ・ルフレ」


メロン「クラリス」


とうもろこし「おおもの」


カボチャ「すずなりバタ子さん」


カボチャ「特濃こふき5.6」


トマト食べ比べコーナー
目白押しでした。

ココだけでもお腹いっぱい。



その後はズッキーニ畑を見学。


つづいてカボチャ。


「栗ざんまい」
1つの株に西洋カボチャは大体2~3個実ります。
一般的には1番目、2番目についた実(1番果)が収穫しないと
3番目以降は実がつきにくいのです
ところが、この品種は一気に4個実ってます。






「特濃こふき5.6」
これから、世間を一世風靡しそうな品種。
独特の黒っぽい見た目と、品質の高さ、そして甘さとホクホク感が、
関東では市場評価も高いそうです。




現在ナント種苗さん主力の西洋カボチャ。


まだまだ続きます。
続きは次回へ~♪



****************************************
◆◆ブログランキングに参加中◆◆
~クリックして下さればありがたいです↓~


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 野菜ソムリエ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ

にほんブログ村 半農生活
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナント種苗見学会(1) | トップ | ナント種苗見学会(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野菜ソムリエコミュニティ奈良」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。