Vector Magic~虹の架け橋~

森山和正の司法書士受験生応援サイト

お疲れ様でした。

2016-07-04 | 日記
本試験が終了しました。

受験生の皆さん,本当にお疲れさまでした。

まずは,ゆっくり休んでください。

本当に大変な試験でした。

午前の部の会社法で株式の担保化なんてきいてくるし,
午後の部は午後の部で時間がない。
択一は登記記録問題が多いし,
仕事もろくにできない補助者がメモを書き間違えるし,
それに,
不動産登記の記述の分量。

本当に大変だったと思います。

手強い化け物と戦った後は当然疲れていると思います。
化け物との闘い,よく最後まで戦い抜きました。
本当に本当によく頑張りました。
お疲れ様でした。

まずは,休むことです。

その間に,
こちらは,総力を挙げて,分析をすすめ,受験生に提供できるようにしておきます。

いや,分析の前に,正確な解答の確定ですね。

午前の部でも予備校によって,多少解答にばらつきはありましたが,今ではほぼ一致し,LECでは裏がとれて,LECの正解に合理的な疑いを入れる余地はなくなりました。
ただ,午後の部は,第16問において,予備校間で意見が未だに分かれています。

以下,今現状の私見ですが,問題点を記載します。

肢4は,「Aに」と記載がありますが,通知は,「受益者となるべき者」に対してするもので,「Aに対する」はおかしい。
肢5は,実務上はこのような取り扱いをしているので,正しい。

とすれば,4が正解。

ただ,
肢5は,法令上の根拠はない。とすれば,誤りか。
とすれば,肢4の問題は日本語の問題として,正しいと考える

とすれば,3が正解か。

肢4の「A」を×とするか,
肢5の法令上の根拠なしを×とするか。


確定,分析をすすめていきます。

ということで,ここでは,軽い話を。

試験当日の朝は,
門の前で,各予備校の講師が応援しています。
講師たちは,受験生の方たちが来るより,だいぶ前に集まりますから,
立ち話というか,情報交換というか,少しお話ししたりします。

伊藤塾の先生とか向田先生とかとよくお話しをしますが,
今年は,TACの姫野寛之先生が話しかけてくれました。

過去問分析など鋭い先生なのですが,
その印象とは逆で,いい意味で関西人っぽい,とてもいい人でした。
ガリガリ君などを買いこむような人ですから,
面白い人なのだろうなとは思っていましたが…。

鋭い分析とは別の面がきちんとあるから,
魅力のある講師でいられるということですね。

この際,メールでも出そうと思ったら,
連絡先が分からないや。

まあ,毎年,7月の本試験の日の朝だけ,
他の学校の講師と会えるって,
なんだか七夕みたいでこれはこれでいいですね。

更に,更に,LECさんの森山和正先生,荻原泉先生,根本正次先生(握手順)とお話しました。
皆さん本当に優しくて(特に森山先生),司法書士受験業界は良いところだな~と思いました。
あと,根本先生の「記述式問題の平穏を願う」との言葉が,今年の記述式問題の波乱を巻き起こしたと思っています(おい)。


姫野先生のブログにこんなことが書いてありました。
ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何があっても | トップ | 疑義問 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (姫野寛之)
2016-07-04 13:20:16
お世話になります。TACの姫野です。

昨日は,ありがとうございました。

数年前から話しかけるチャンスを伺っておりました(笑)

お言葉に甘え,メールアドレスを記載させていただきます。色々情報交換し,この業界を盛り上げていけたらと思います。

×××××××@××××

失礼します。
姫野寛之先生へ (森山和正)
2016-07-04 13:24:19
姫野先生,
わざわざ,コメントいただき,
アドレスを教えていただき,恐縮です。

さっそくメール出させていただきました!!

切磋琢磨して,
司法書士受験界を盛り上げていければと思います。

では,今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む