Frontier

Frontier Science

スパイサー報道官が辞任、

2017-07-31 | Weblog
スパイサー報道官が辞任、
トランプ氏の新広報部長人事に抗議
By
Michael C. Bender
2017 年 7 月 22 日 ショーン・スパイサー米大統領報道官は21日、ドナルド・トランプ大統領が金融界の大物アンソニー・スカラムッチ氏を新たな広報部長に任命したことに抗議し辞任した。
トランプ政権半年間の意外な高評価
メディアと国際世論は敵に回したがそれでも再選確率は高まっている

他方でロシアとの紛争を推進するべく、脇に追いやられるトランプ


マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-823b.html
<転載開始>

2017年7月26日
Paul Craig Roberts

更なる経済制裁を課し、オバマ大統領が課した経済制裁を取り消すトランプ大統領の権限を剥奪しようという愚かな法案で、議会は一体何をするつもりなのだろう?

議会は二つのことを行っている。一つは議会は、でっち上げの脅威を維持するため、ロシアに対してきつくあたることで、軍安保複合体連中という選挙運動資金献金者のために働いているのだ。そこで、アメリカ国民は、医療用の資金を見出す場所として、膨大な軍/安保予算に目をつけないようにさせられ、医療を拒否される。

もう一つは、トランプ大統領を閉じ込めることだ。もしトランプが、この大統領権限侵害に拒否権を発動すれば、議会と売女マスコミは、拒否権を、トランプが、ロシアの手先で、彼の拒否権で、ロシアを擁護している確証だと言うだろう。もしトランプが、法案に拒否権を発動しなければ、トランプは敗北を認め、ロシアとの危険な緊張を緩和できないことを受け入れることになる。

言い換えれば、法案はトランプにとって利益皆無だ。ところが、共和党は、この法案を支持して、自分たちの大統領を傷つけている。

しかしトランプのカバール追放は確実に進行している  それだけ執念深くカバールは政権伊食い込んでいるということだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スプートニク情報 | トップ | ロシア、米外交官ら755人を追... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む