Frontier

Frontier Science

生物兵器

2017-07-11 | Weblog
生物兵器

https://www.youtube.com/watch?v=xNZLkR_fynk


モスル奪還へ イラク軍の完全な制圧近づく


過激派組織IS=イスラミックステートがイラクで最大の拠点としてきたモスルの奪還作戦で、イラク軍は、ISの戦闘員を旧市街のわずかな場所に追い詰めて完全な制圧に近づいており、イラク国内では、8か月余りにわたる作戦の完了に期待が高まっています。


過激派組織ISが3年にわたって支配してきたイラク第2の都市モスルでは、イラク軍がこれまでにほとんどの地域を制圧し、ISの戦闘員は市内西側にある旧市街のごくわずかな場所に残るだけとなっています。

イラク軍は「勝利は非常に近い」としていて、8日には、モスル市内に展開する部隊が、早くも勝利を祝って銃を掲げながら踊る姿が見られました。

一方、ISとつながりのあるメディアは「戦闘員は旧市街の地区で死ぬまで戦うことを誓った」と伝えました。しかし、イラク軍の9日の発表によりますと、チグリス川を背に包囲されたISの戦闘員が川を渡って逃げようとする動きが相次ぎ、新たに戦闘員30人を殺害したということで、IS側の態勢が大きく崩れていることがうかがえます。

ISは、これまで多くの住民を人間の盾にしながら、入り組んだ旧市街の地形を利用してスナイパーによる狙撃や自爆攻撃を続けてきました。

このためイラク軍は作戦を慎重に進めてきましたが、ISの残る場所がごくわずかとなったことで、イラク国内では、8か月余りにわたる作戦の完了に期待が高まっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍辞めろ」  | トップ | べーシックインカム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む