Frontier

Frontier Science

眞子さま婚約

2017-05-18 | Weblog

眞子さま婚約

先日に眞子さまがご婚約を決めたと報道されましたが、これについて宮内庁が激怒していることが分かりました。原因は報道のやり方で、宮内庁はメディアのインタビューに対して「こんな形で外に出たことは不本意」とコメントしています。

それを示すかのように、婚約相手である小室圭さんも記者会見では「時期が参りましたら改めてお話しをしたい。今は申し上げる時期ではございません」と発言していました。
知人にも婚約が決まったことをあまり伝えていなかったようで、情報を聞きつけたメディアが勝手に先走って報道した可能性が高いと言えるでしょう。秋篠宮眞子さまがご婚約というニュースは、田中龍作氏に言わせると、“北朝鮮のミサイルよりも威力は強烈だった”とのこと。確かに、共謀罪の強硬採決、籠池前理事長の爆弾メール資料の公開、首相の加計学園疑惑の決定的証拠となる「総理の意向」文書、これらをすべて吹き飛ばすには、北朝鮮のミサイルでは不十分という事なのでしょう。

共謀罪流れる

ベンジャミン

https://www.youtube.com/watch?v=clGswXDsIEY

 

フルフォードレポート英語版(5/15)

 

http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12274984641.html

 

敗北する悪党が増えるに連れて、世界平和の交渉が円滑に進む

 

北朝鮮和平協定、ウクライナ和平協定とイスラエル/パレスティナ問題を含む中東問題の解決はすべて、舞台裏で交渉されていると、多くの情報源が認める。これが米大統領ドナルド・トランプが今月の24日から始まるイスラエル、サウジアラビアとローマへ行く理由であると、その情報源は言う。トランプ自身、フォックスTVで、これらの会談後、世界を助けることになる国々の大きな会議に行くだろうと語った

北朝鮮の平和協定の詳細はまだ交渉がされていないが、交渉に近い関係筋は、北朝鮮は核兵器計画を公に放棄する代わりに主権と安全保障を保証されると述べた。もちろんこれは、メンツを保つジェスチャーに過ぎないので、秘密裏には北朝鮮はその核抑止力を保持することを認められると、その情報源は言う。

未完了の北朝鮮和平協定は、朝鮮半島の和平協定が日本とユーラシア大陸をつなぐトンネルの建設を認めることになるので、中国の大規模一帯一路の主導権に必然的に関連している。このトンネルの建設はすでに始まっていると日本政府関係者は認める。
今週末に集まる中国の一帯一路への米国、韓国、日本、ドイツ、英国とフランスの代表団の出席は、この計画への西側の抵抗が終わったことを意味している。中国の習金平主席がトランプとの最近の首脳会談の帰りにアラスカに立ち寄った事実は、アラスカとユーラシア大陸をつなぐトンネルを作ることの合意ができたとするのは非常に良い推測である。
すでに、貨物列車はロンドンとドイツから中国へ走っており、商品の運搬時間を半分にし、コストを同様に下げた。
 
 
これらの新陸上貨物ルートは、ユーラシア内の陸上輸送が安価で速いために、バルティック海運指数が非常に低い水準に留まっている理由の一つである。列車や船の商品がニューヨーク発中国やロシア経由でロンドンへ運ばれることができるようになるのはそう遠いことではないかもしれない。ロンドンとニューヨークを結ぶ地下超高速3,000km/時の真空チューブレールトンネルも稼働すると、米秘密宇宙計画の情報源は言う。中国人はまた、コンパス、火薬、神や印刷のような世界を変える技術の発明者に再びなりたいと思っている。中国主席習金平は中国は人工頭脳、ナノテクノロジー、量子コンピュータやスマート都市の分野で画期的なものを創り出すために莫大な投資をしていると言っている。
 

トランプが「世界を救う」と言った大規模キャンペーンは数京ドルとは言わないまでも数兆ドルを解放する秘密裏に交渉されてきた西側の主導権によって、この大規模な中国主導権は薄らいでしまう可能性がある。このキャンペーンはとりわけ、容易に貧困を終了させ、環境破壊を終わらせ、そして宇宙開発と殖民と言う新時代を立ち上げることが可能である。公開が可能な西側の発明には、光より速い自由エネルギ何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機が含まれると、NSA情報源は言う。

 

ロシアが実際に、世界の他国と共にハザール汚物を権力から取り除くことに協力していることは間違いがない。それがイスラエルのハザールマフィアの巣窟に多大な圧力が掛かっている理由です。ここに、中国、ロシアと米国はイスラエルはパレスティナとの二国間解決を受け入れなければならないと主張していると、国防総省情報源は言う。

 

 さらに、米ジョセフ・ダンフォード大将は今週イスラエルに居り、シリアその他の地域にロシアが定めた紛争地域を遵守するように強要していると、その情報源は言う。言い換えれば、彼らはダーイッシュがトラブルを起こすことを中止し、思い留めなければならない。

 

日本でもまた、水面下で大きな動きが起こっている。日本最大の暴力団山口組は今三派に分かれており、三人の支配者が代表をしていると、三派の情報源は確認している。それらの派閥の一つ、最も弱い派が、依然としてハザールマフィアの下請けを行っている。しかし、もし北朝鮮のアンフェタミン流通(合法化と規制)による合意が成立すれば、一つの最後の派もまたハザール人との関係を断つだろう。ハザールマフィアがここでの完全な執行機関を失うことになるので、日本の権力構造を完全に変える道筋が明らかになるであろう。既に、フランス・ロスチャイルドの代理人麻生太郎のようなハザール奴隷を日本の権力に据える企みは完全に止められた。麻生は小沢一郎と共に、解放が期待される大規模資金を手にする為に日本の権力の座に座るべく圧力を掛けてきたと、日本右翼情報源は言う。しかし、麻生の故郷九州のヤクザ暴力団は彼は悪魔でありこれ以上支持しないと言っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベンジャミン | トップ | ベンジャミン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む