美味しいカニの研究

お歳暮や贈答品で人気のカニ。通販でも大人気です。このカニについて、いろいろ随時更新していこうと思います。

ガザミやイシガニをひとくくりにして

2017年05月15日 | 日記
ガザミやイシガニをひとくくりにして、ワタリガニと言います。


ズワイガニや毛蟹に比べればその脚は太くはありませんが対照的に、かに味噌がおいしくて大変有名です。


贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でかに味噌を堪能するのが目的なら一番おすすめのかにです。


一人で何匹も食べられる大きさで丸揚げや丸焼きも難しくありません。


ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。


ズワイガニというと、おそらくまあ、大きければいいという感じで選ぶ方が多数派でしょう。


大きさもさることながら、もっと重要なポイントを覚えておいてください。


大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。


見た目が立派でも、中身のないかにだったという話は実に良く聞きます。


重みのあるかにを選べば、その失敗はないと考えられます。


高級とされるブランド蟹にも色々あって、それぞれ風味や味わいが異なっているため、蟹のことをもっと知りたいというあなたは、食べ比べて、それぞれの蟹の特徴を知ってみるといいでしょう。


蟹の中でも最もポピュラーなものとしては、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。


ズワイ蟹には蟹本来の旨味がふんだんに詰まっており、蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。


甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが特徴の一つだといえるでしょう。


ネット通販が一般化した現代。


皆さんの中には蟹通販を利用したことがある方も多くいらっしゃると思います。


でも、お店ではなく通販で買った蟹がそんなに美味しいのか簡単には信用できないかもしれないですね。


少しばかり昔なら、本当に質のいい蟹を通販で買えたという話はほぼ有り得ないものとされていましたね。


しかし、現在では店頭で買うのに劣らないグレードの蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。


ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。


地域によっては、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。


雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。


それに比べて、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、大方は、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« かにをお歳暮にしよう、と考... | トップ | 一口に食用のかにといっても... »