美味しいカニの研究

お歳暮や贈答品で人気のカニ。通販でも大人気です。このカニについて、いろいろ随時更新していこうと思います。

寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価

2017年04月20日 | 日記
寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価格でもトップを譲らないのは、かにですね。


名産地の出所確かなかにを送ってもらえるならそれに越したことはないでしょう。


かにの通販では、多種多様なかにの取り扱いがあって、どれを選んだらいいか迷いますが、悩みがちなかに好きのあなたにだけ、内緒で教えてあげます。


ポイントは3つです。


何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然かにの獲れた場所、つまり産地ですね。


日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。


次いで、かにが獲れた産地にあるお店で発送を行ってくれるところを探すことで、そして3点目がお店を選ぶのに口コミやレビューを参考にすることです。


これらを基に購入すれば、失敗する確率は低くなると思います。


蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとしてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。


花咲蟹には独特の甘い香味があるほか、その身にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、身肉のぎっしり詰まった、大型サイズの蟹としても知られています。


夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であるとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。


皆さんの中の多くの方が、蟹の食べ放題といえば「安かろう悪かろう」だというイメージや実体験をお持ちですよね。


しかし、そこには誤解があります。


最近は「安かろう悪かろう」ではない食べ放題も増えてきているのです。


食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、蟹の中でも特にグレードの高い蟹に舌鼓を打つことができます。


しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人はブランドのお墨付きをもらった蟹を選ぶことを推奨します。


花咲がにを食べたことはありますか。


根室の花咲漁港が主な産地のかにのようでかにではなく、実はヤドカリというべきです。


しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなので実に貴重なかにとして全く問題はありません。


身は引き締まり、豊かな味わいがあって、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、幻のかにの名にふさわしい、かにの一種です。


かには高価で滅多に手の届かないもの。


そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。


そんなお店があったらいいですよね。


たっぷり食べたくて我慢できない。


そんな時にはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。


かにって通販で買うのが一番いいと言うのは、私なりの根拠があるのです。


店頭に並ぶ時点で鮮度が落ちているスーパーのかにと違い、産地の料理店で食べるような鮮度抜群のかにが即日発送で送られ、直接買いに行くより便利なのです。


それから、びっくりするほど安く買えるのも大きな魅力で、スーパーのものより安い価格が常識になっているのには、もう感謝するしかありません。


オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 冷凍かにをまとめて購入する... | トップ | 家での食事にかにが出てくる... »