自分のために読む、古典のひと言

昔の本を読んで、考える。昔の人は、何を思ったのか。

教育は君子の楽しみではあるが、それは自分の才能や徳行を人に見せびらかそうとするものではない

2017-06-19 | 自分自身
教育は君子の楽しみではあるが、それは自分の才能や徳行を人に見せびらかそうとするものではない。君子は天下後世に対して責任を負わんとしているのである(吉田松陰)。

◇読んで思ったこと:人に仕事を教え、戦力として育てていかなくてはならない。戦力を育成するのが目的であって、自分の成功談やがんばりをみせびらかすものではない。
◇引用元:近藤啓吾訳注「吉田松陰 講孟劄記」講談社学術文庫
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 才智抜群の人にも不得意なこ... | トップ | 人の心は抑えつければ沈み、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。