自分のために読む、古典のひと言

昔の本を読んで、考える。昔の人は、何を思ったのか。

才智抜群の人にも不得意なことが必ずあるものである

2017-06-16 | 自分自身
才智抜群の人にも不得意なことが必ずあるものである。それを見分けて、不得意のことには使わないのがよい(中江藤樹)。

◇読んで思ったこと:ミスやトラブルが続くときは、配置を変えてみるとよい。本人の不得意なことを仕事に充てているのではないかと考え、よく観察してみる。
◇引用元:日本の名著「中江藤樹」中央公論社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事業を創起する人、その事た... | トップ | 教育は君子の楽しみではある... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。