自分のために読む、古典のひと言

昔の本を読んで、考える。昔の人は、何を思ったのか。

事業を創起する人、その事たいてい十に七・八まではよくやるけれど

2017-06-15 | 自分自身
事業を創起する人、その事たいてい十に七・八まではよくやるけれども、残りの二つを成し遂げる人は少ない(西郷隆盛)。

◇読んで思ったこと:やる気のある人に出会うことは多いが、最後までやり遂げる人は少ない。十のうち、六とか七あたりから困難に直面するものだ。八・九あたりまでくると、大変くるしくなる。それを乗り越えて十までやり遂げた人は、それ以降の人生において何をやってもうまくやれるようになるものだ。

◇引用元:猪飼隆明「西郷隆盛『南洲翁遺訓』」角川ソフィア文庫
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いかに半端な働きしかしない... | トップ | 才智抜群の人にも不得意なこ... »

コメントを投稿

自分自身」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。