自分のために読む、古典のひと言

昔の本を読んで、考える。昔の人は、何を思ったのか。

他人を頼りにするよりは、自分自身を頼った方がよい

2017-07-06 | 自分自身
他人を頼りにするよりは、自分自身を頼った方がよい。他人が自分のためにしてくれるのをあてにするよりは、自分で自分自身のためにする方がよい(韓非子)。

◇読んで思ったこと:他人の行為を織り込んだ計画は先々実現が難しくなる。自力でやっていけるような範囲で準備をしておく。
◇引用元:金谷治訳「韓非子」岩波文庫
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人の心は抑えつければ沈み、... | トップ | 人はいつも自分の能力を超え... »

コメントを投稿

自分自身」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。