八島ビジターセンター

長野県のほぼ中央、霧ヶ峰高原の八島湿原を中心とした地域の最新情報をビジターセンターからお届けします

葦の音

2016年10月29日 | Weblog

木道を挟んで左側の背の高い植物はヨシ、右側はススキ。





ヨシ

ススキとヨシでは風に揺れるときの音が違います。
ヨシの方がカサカサと大きい音がするような…(と、私は思います)。

葉の生え方や大きさなどが違うからでしょうか。
カサカサというかシャカシャカ…?シャラシャラ…?


決して目立つ音ではなく、美しい音色…というわけでもないかもしれませんが、なんだか気になる晩秋の音です。


少し前の景色

手前がヨシで奥がススキ。ススキの写真を撮る人たちが数名いらっしゃいます。午後はその場所からススキを見るとキラキラ輝いて見えてきれいです(^^)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビーナスライン閉鎖時期のお... | トップ | 霜月になりました »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (蝶)
2016-10-29 19:05:23
晩秋ですか!ついこの間だショウジョウバカマやスミレで始まり、ハバチの幼虫やシシウドの花が・・・・・もうススキの季節なんですね。
富士山初冠雪遅い暖冬か?来春は昆虫・植物にどのような影響があるのか?ミヤマシロチョウの越冬巣数少ない個体減少になるのか?。笹が増え古来の花が見れなくなるのか?。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL