Vastra-daの裏側

オリジナルフィギュア原型師。チラリとバッグの作り手も。求めるモノが探して無ければ『作ればいいじゃないか!』を実践中。

下半身麻痺の長毛三毛猫アメリカンカール

2016-10-14 14:13:56 | 猫たち
退院した セイレムの様子を伺いに毎日病院へ行っていたのだが、そこで気になる 猫さんが居ました。


セイレムが入院した時に隣りのゲージの中におりまして、足が悪そうで後ろ足に力がはいらなそうに上半身を起こし後ろ足は向きがおかしくペタンとしてた。


    この猫は足が悪くて入院してんのかな?


ここ数日、セイレムの様子を見に行っているのだが…毎回居たわけです。


なぜ、そんなに気になったか?て…


    長毛(ふっさふさ) + 三毛柄 + 耳がくるんとアメリカンカール!!!
   ( 純血ではないけれど、たぶん遺伝子的にチラリとアメリカンカールが入った仔なのだと思う )


    この仔、普通の猫の風貌と違う

ただでさえ長毛の三毛猫なのに、明らかに耳の形がその辺に居る普通の猫( 我が家の猫たち )ではなく くりんとカールがかかり

      高そうな『 品 』のある猫さん


足が悪いのとずっと病院に居るのが気になり、ちょうど居合わせた先生(夫婦共に獣医さんで奥さんの方)に聞いてみた。


    先生、この仔って足が悪くて入院してんの?


   先生 : 病院の患者さんが交通事故にあったこの仔を連れて来たのよ。でももう両脚は動かないのよ。


    えっ!? 両脚?


交通事故に合った時、この仔は妊娠していて三匹の赤ちゃんがお腹の中にいたが三匹とも助からなかったそうだ。

長い期間、外を放浪していたようでお腹には虫もいて昆虫などを食べ飢えを凌いでいただろうと先生は言ってた。

どこをどう彷徨っていたのか…と。


この仔を運び込んだ患者さんは『 元気になったら引き取る 』と言っていたそうだが、結局両脚下半身麻痺となり排尿も自力では出来ず圧迫排尿が必要になった。

こうなっては『 自分は猫の介護は出来ず、引き取れない 』となり 安楽死の提案がなされた。

でも動物病院の先生は私にこう言った。


   先生 : 安楽死の話がでた時にはこの仔はご飯を食べだしてたのよ。

と哀しそうな表情で話してくれた。



先生は事故に合い、仔猫を失い、脚を失い、でも必死で生きようとしている仔を殺せるわけない。と言いたかったはず…。

セイレムが生きようとご飯を食べだしたように。


    それぞれ個人の事情があるのはわかります。 安楽死… か…


続けて先生はこうも言った


   先生 : 今まで自分が面倒見て飼っていた猫が両脚麻痺になったのと、

        突然事故に合ったのを見て助けた猫とでは違ってくるのかもしれませんね…

        それが一人暮らしともなればサポートしてくれる人もいないし大変だと思います


先生はこの仔を運び込んだ人の事情も察したのだと思う。


それを聞いて私は何も言えなかった。


    もしライフがこの仔と同じような事に…

と考えてた。


生活があるので仕事を辞めるわけにはいかない。  圧迫排尿の為に一日何度も帰宅し、会社と相談して仕事を続けさせてもらうしかない。

そうなれば生活は一変する。 

けれども、どうにかなんとかする他ない。



    先生、この仔どうなるん…?



   先生 : この猫はウチで引き取ることにしたのよ。 もうウチの子よ


なんと安楽死は選べなかった先生は自分の家で引き取ってくれたのだ

先生のお宅が動物を引き取ることなんて全く無かったのに、よほどだったのだろう。    よがった~  先生ありがとぉ~



世の中には寝たきりの動物たちがいて、介護なしでは生きられない仔たちがたくさんいる。

セイレムの事といい、我が家の猫もいつどうなるのか他人事ではないとママさんにも話し色々と考えさせられました。
『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 襲われたセイレム、劇的な回... | トップ | 友人の誕生日の食事会 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山崎うなむー)
2016-10-16 00:01:42
良い先生で本当に良かったです。
保護された肩も苦悩されたのかと思います。
私も全盲の仔猫を保護した事があったのですがやはり後の介護を思うと「此れは大変な猫を保護してしまったな」と、少々後悔したのは偽らざる本心でした。
残念ながらその仔猫は数時間後に亡くなってしまったのですが…

私はお世話に為っている病院でも下半身に障害がある猫が数匹飼われています。
みんなオムツをつけながら前足だけで元気に院内を走り回っていましたよ!
きっとそのネコちゃんも幸せになれると思います!
山崎うなむーさんへ (ayu)
2016-10-16 12:39:23
今回の下半身麻痺の猫さんの件は先生のお宅で面倒をみてもらえることになって本当に良かったです。

圧迫排尿となると介護する側も仕方を覚えたり、それこそ今まで通りの生活ではいられません。
保護された方もうなむーさんの言うとおり苦悩や葛藤があったのだと思います。
うなむーさんは全盲の仔猫を保護されたことがあったのですね。
その本心は保護した仔猫を見捨てることはできませんが、私とて同じよ状況ならばそう思ったはずです。
ライフも残されたのは左眼だけなので喧嘩で負傷をしてくるたびに『 左眼は大丈夫だろうか?』といつも心配になります。 無鉄砲のアホなんで(笑)

私も今回保護された子は先生宅にいるので安心です。
オムツを付けながらでも病院で元気に走り回っている仔を見ると本当にありがたいと思いますね♬

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。