Self Innovation~One By One~

季節の変わり目に
僕は
脱皮でもするのか

12月7日。

2016-12-07 23:25:48 | データ



黒沢健一さん、
2008年東京カルカルで
生でライブを拝見した
(カルカルのWebに
僕の顔が写っている)のが、
嘘のようなホントのような。
カバーしてる人達しかこない
イベントにも行くくらい
好きなアーティストです。
享年48。

昨日書いた歌詞
Somewhere you can do

緑の空の上で読まれていたんですね。
沢山の曲を聴かせてもらい、
黒沢健一さんの油絵を
会社のコンクールに出したら
大賞を頂き、
歌詞も影響を受けている、
そんな大切な存在にできることは、
もう一作書くことです。

今から書くんで
待っていてください。
早さも言葉のうち。
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最弱に弱ったメンタルにかけ... | トップ | Pop Poetry~英語詞 229 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL