Self Innovation~One By One~

本田圭佑選手
試合出れた…良かった

Poesia pop~イタリア語詞 66

2016-10-19 15:28:00 | イタリア語詞~Poesia pop~
Saltando verso il basso(2016)

Girasole non fioriscono solo nella mia ciotola.
Il tutto non ha cominciato in quel momento?
Ma appena posso scendere fino solo salire
salto dolorosamente
So che fa male. La ripetizione di una cosa simile

Il nemico è apparso! Che 's tempo con questo?
Anche solo stato al Arekore vituperato
La fantasia di desiderare troppo
Anche esplorato la mano (per niente là)
Essa è stata vinta se corretto,
Si perderà in quanto per vincere.

Lo so perché ho fatto per una sola persona.
Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Ma essere lì appena raggiungere una mano.
Tale sento che.

Il nemico è apparso! E 'davvero probabile?
Anche solo stato al Arekore vituperato
La fantasia di desiderare troppo
Anche esplorato la mano (si fa per niente)
E 'solo perdite di cuore temporanei,
Anche io non affrontato esso?

Lo so perché ho fatto per una sola persona.
Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Ma mi voltai, moltiplicare la voce.
La sua posizione è.

I molte volte
E 'saltato da Athletic?
Ha rotto l'osso?
Solo una persona di laurea
Ma a quel tempo ero felice
Ora voglio scusarmi con lo sfondo.

Lo so perché ho fatto per una sola persona.
Più ci penso, se si, il nemico aumenterà.
Ma mi voltai, moltiplicare la voce.
Perché solo la differenza.

Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Quindi non era completamente chiuso.
Vi è ora perché qualcuno ha dato mi ha aperto.
L'apprezzamento è ripreso.


ジャンピング・ダウン(2016)

僕の鉢にだけ 向日葵が咲かなかった。
その時に全部始まっていたのか?
上るだけ上って ただ降りればいいのに
飛び降りて骨を折って
痛い事を知る。そんな事の繰り返し

敵が現れた!これで何度目だ?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(そこには何もないし)
それが正しければ勝ってきたし、
勝つまで幾らでも負けていく。

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも手を伸ばせば すぐそこにいる。
そんな気がする。

敵が現れた!本当にそうなのか?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(だから何もないし)
それは一時の心が漏れただけで、
僕はまたそれを問い詰めてないか?

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その場所はある。

僕は何回
アスレチックから飛び降りた?
骨を折った?
たった一人のGraduation
あの時は嬉しかったけど
今はその背景に謝りたくなる。

一人になったから 僕は知っている。
思えば思うほど、敵は増える。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その違いだけだから。

ねだっても、ねだっても、人は来ない。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
だから僕は閉め切っていた。
誰かが開けてくれたから今がある。
その感謝は、引き継がれる。
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Pop Poetry~英語詞 207 | トップ | Poésie pop~フランス語詞 66 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL