Self Innovation~One By One~

不幸の準備をすることが
いちばんの不孝だよ。

作詞集 235(点字3)

2016-10-17 22:20:22 | 日本語詞~ポップポエトリー~










芝生のパンクロック(2016)

僕を見たって どこを見たって
完璧なんて お世辞でも言えないよ
それを放って 他の誰かの
背中の文字をつつけやしないよ
だから手伸ばし、指さす先を
そのままUターンさせてみて

思う不満より 思われる不満が
圧倒的多数っていう妄想は
誰にだって 大事なんだろう
嘘かホントかはどうでも良くて
向けるべきはまず自分だってこと

BOMBを抱えて 吹き出しの外で
他人の芝に 投げてやるぞと笑ってる
だけど話すと 見てはいないで
気持ちの中、覗き合いしてる
線と線とを繋いで、また分かんなくて
頭ん中、ぐちゃぐちゃさせてみる

思う不安より 思われる不安が
圧倒的多数っていう想像は
誰にだって 大事なんだろう
それがホントかはどうでも良くて
向けるべきはまず自分だってこと

だから全知全能になるまで
どこが青か緑かも見てる分まで
ただただ芝刈りを続けてって
それでも半分くらいで
違うとこから生えてくるもんだから
また刈らなきゃって溜め息ついて
そんな中また向き合ってる
それで今日も日が暮れてって
昼間の夢見て朝目を覚ます
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作詞集 234(大阪弁) | トップ | 10月18日。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL