Self Innovation~One By One~

これが俺の
プレミアムだ

Pop Poetry~英語詞 244

2016-12-31 21:14:56 | 英語詞~Pop Poetry~
Fits the time(now)(2016)

There's no one who knows me more than me
Different colors from different colors, with different brightness
While knowing the existence of the picture reflected on you,
I'll look at me more than anyone

Such a fact
Friendly conveniently forgotten
I'll stop waiting for your answer

How to face it
How do you keep on thinking
'Cause there's still a way
Listen to the weight that was given

There's no one who knows you more than you
From different angles I'll tell you sometimes
It's one of the branches that you see, and what doesn't change is
You know more than anyone than anyone

Such a fact
Friendly conveniently forgotten
Words say "That's all", I'll point my finger

So how to face each other
How to keep talking
I still have a way
Know the kindness that was given

Sometimes I don't want to review it
I feel like wanting to erase all of them
Throw me in the past
"Come on, get on your way"
I put my hands on my shoulder,
To stop, repeat
Yesterday's voice filled with today's voice
While going faster than you think
You better notice

Every day
To someone noticed conveniently
I depend on words, I want and wait

How to face it
How to keep responding
I still have a way
Listen when I was awarded

Sometimes I don't want to review it
Punch a person with the feeling that I could see it all
Show me the past me
"Come on, I'm doing my best"
I put my hands on my weak shoulder,
To stop, repeat
Today's voice fills with the voice of the present
While going faster than you think
You should build it.

There's no one who knows me more than me
There's no one who knows you more than you
I got it from yesterday,
I handed it over now,
I'll wait for tomorrow to come.
Repeat, repeat, repeat.

A new you
You'll always find it first
I want to be such a word


時間(いま)に当て嵌める(2016)

僕を僕以上に 知る人はいない
違う角度から 違う色、違う明るさで
君に映る絵の存在を知りながら、
誰よりも僕は僕を見ていく

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
君の答えを待ち 歩くのをやめてしまう

それをいかに向き合って
いかに思い続けるか
まだ 道があることで
授かれた重さを聴く

君を君以上に 知る人はいない
違う角度から 僕は時に言い当てるけれど
君の映る枝の一つで、変わらないことは
誰よりも君は君を知ってる

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
「それが全てだ」と 言葉、指をさしてしまう

そこでいかに向き合って
いかに話し続けるか
まだ 道があることに
授かれた優しさを知る

時々見直すのも嫌になって
全部消したい気分になってくる
過去に僕を丸投げして
「さあ、寄り道しよう」とこぼす、
ダメな僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
昨日の声、今日の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
気付いていけばいい

そんな毎日を
都合良く目についた誰かへ
僕は依存して 言葉、欲して待ってしまう

そこにいかに向き合って
いかに応え続けるか
まだ 道があることに
授かれた時を聴く

時々見直すのが嫌になって
全部見えた気分で人を突く
過去の僕を見せていって
「さあ、頑張ってます」とこぼす、
弱い僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
今日の声、今の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
築いていけばいい

僕を僕以上に 知る人はいない
君を君以上に 知る人はいない
昨日からもらい受け、
僕は今に引き渡して、
明日が来るのを待つ。
それを繰り返す、繰り返す、繰り返す。

新しい君を
常に君が最初に見付けてく
そんな言葉でありたい
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Pop Poetry~英語詞 243 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

英語詞~Pop Poetry~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL